活動レポート一覧

公開

令和6年1月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

令和5年10月の活動報告では学生と子どもの交流、 令和5年11月の活動報告では学生と食事を食べに来て下さる方々の交流、 令和5年12月の活動報告ではゼロ円食堂番外編としてクリスマス会の様子を報告させて頂きましたので、 令和6年1月の活動報告では福島大学の学生が和気あいあいと食事を作っている様子を紹介させて頂きます。 ゼロ円食堂に向けた食堂に来て下さる方の人数も回を重ねる毎に右肩上がりになっており、 一部では50肩知らずなんて言われています。 というのは冗談ですが、食事を取りに来て下さる方は実際に増えています。 ですので、食事を作る際には大きな鍋に食材をワイルドに投入していくことに...

作成日時:2024/02/06 14:37

 更新日時:2024/02/06 14:37


公開

令和5年12月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

12月のゼロ円食堂に向けた食堂はいつもの活動とは内容を変更して、 せっかく12月ですからいつも協力してくれている学生さんと、いつも足を運んでくれている皆様で、 季節にちなんでクリスマス会を実施しました。 老いも若きも一緒に輪投げを楽しんだり、 ビンゴ大会をして、 豪華景品をゲットしたりと楽しい時間を過ごしました。 これもただクリスマス会を開いただけでは、参加者同士まずはお互いの事を知るための時間が必要だったりで、 2時間30分のクリスマス会ではここまで親密な感じに盛り上がれなかったかもしれません。 これも普段から顔を合わせて、話したことがあって、場合によっては新型アイフォンの発...

作成日時:2024/02/06 14:13

 更新日時:2024/02/06 14:13


公開

令和5年11月のゼロ円食堂に向けた食堂の活動報告

令和5年10月の活動報告に引き続き、五月雨式に11月のゼロ円食堂に向けた食堂の活動を報告させて頂きます。 前回のレポートでは福島大学の学生と子どもの交流を中心に活動の報告をさせて頂きましたが、 今回は学生と半世紀ほど年齢の離れた諸先輩の方々との交流を中心に活動の報告をさせて頂きます。   ゼロ円食堂に向けた食堂では本来は学生も食堂に足を運んでくださる方々も、一緒になって卓を囲んで食事をする予定でいました。 しかし一緒に食事をしたのでは、新型コロナウイルスの感染リスクが高まってしまいます。 足を運んでくださる方は年配の方も多い為、万が一感染してしまったら重篤化のリスクも高いと言われて...

作成日時:2024/02/06 13:54

 更新日時:2024/02/06 13:54


公開

令和5年10月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

すっかり更新が滞ってしまいまして、大変申し訳ありません。 更新はしておりませんでしたが、活動はしておりましたので、遅ればせながら令和5年10月のゼロ円食堂に向けた食堂の活動を報告させて頂きます。 今月は「学生と子どものふれあい編」でお届けします。 今回の活動にも福島大学の学生さん達が協力してくれています。 そして活動を続けるうちに食事を取りに来てくれる大人の方ばかりではなく、子どもと学生のつながりが生まれました。 写真のようにお孫さんを連れてきて来てくれている方がいます。 このお孫さん普段は福島県外に住んでいて、長期の休みの時やたまの週末に祖父母がいる福島に帰ってきます。 時々ゼ...

作成日時:2024/02/06 11:58

 更新日時:2024/02/06 11:58


公開

令和5年9月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

活動報告をする前に、台風13号や台風13号に伴う線状降水帯で被害に遭われた皆様の一日も早い復旧を心より願います。 毎回「ゼロ円食堂に向けた食堂」には福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが多く協力してくれていますが、 今回の「9月のゼロ円食堂に向けた食堂」は9月16日に実施しましたので、 台風や線状降水帯の影響で同じ福島県内、特にいわき市では床上浸水の被害が1,000棟以上も出たという事で、 いわき市でのボランティア活動に行っている学生さんもいるため、少人数での活動となりました。 本日の献立は「ミートソース丼」です。 毎回活動場所は福島県二本松市内にある、東日本大震災による避...

作成日時:2023/09/18 15:25

 更新日時:2023/09/18 15:25


公開

令和5年8月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

今年の夏はいつまでも暑い日が続きますね。 8月の下旬になっても、コンスタントに35度近くの気温になる福島県二本松市の災害公営住宅若宮団地で、8月のゼロ円食堂に向けた食堂をオープンしました。 今回の活動にも福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが参加してくれています。 というか、この学生さん達の参加がないことにはゼロ円食堂に向けた食堂はオープン出来ないぐらいに、どの学生さんも頑張ってくれます。 今回東日本大震災の避難者の皆さんに提供するのは、鳥そぼろ丼です。 今回も鳥そぼろ丼を調理中に災害公営住宅にお住いの方がみんなで食べて、とヨーグルトを持って来てくれたり、お菓子を持って来てく...

作成日時:2023/08/29 22:32

 更新日時:2023/08/29 22:32


公開

令和5年7月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

毎月「ゼロ円食堂に向けた食堂」は月末に実施することが多いのですが、 7月の月末にはいつも活動に協力してくれている福島大学の学生の前期試験が始まるという事で、 この活動に協力してくれたがために学業に支障が出たのでは申し訳ないので、 7月のゼロ円食堂に向けた食堂は7月8日に実施しました。 今回作るのは、元気に夏を乗り切ってもらうために「豚キムチ丼」です。 鍋に豚肉を入れ、火が通ってきたら、食感と色合いのために人参ともやし、そして味付けとスパイスにニンニクを入れていきます。 少しずつではありますが、活動が地域に浸透してきたのか、地域の方が「これ、もし良かったら使って」とか「作りながらお腹...

作成日時:2023/07/22 12:25

 更新日時:2023/07/22 12:25


公開

令和5年5月のゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

本来であれば活動レポートは某有名牛丼屋さんのように「早い、うまい、やすい」であるべきですが、 (とは言っても活動したことを迅速に報告するのは当然のこととして、うまいはしっかりとどのような内容で実施したかが伝わるうまい文章ということでまだ分からなくもないですが、 やすいは全く関係ありませんね) またしても活動レポートの更新が遅くなってしまいまして大変申し訳ございません。 活動レポートをアップロードする際にはレポートを書いた後に「公開する」という所にチェックを入れるのですが、それをしていなかったようで「後悔する」です。   というわけで、5月28日に令和5年5月の「ゼロ円食堂に向けた食...

作成日時:2023/06/08 19:23

 更新日時:2023/06/08 19:23


公開

令和5年4月のゼロ円食堂に向けた食堂の活動報告

すっかり活動レポートを作成したつもりでおりましたが、更新されておりませんでした。 やっちまいました。 大変申し訳ありません。   令和5年度も「ゼロ円食堂に向けた食堂」は将来的には「ゼロ円食堂」として活動出来るように活動しております。 この活動では毎回地元の大学生にも参加してもらっています。 4月になったので、学生さんもニューフェイスが来てくれています。この写真は今回初めて活動に参加してくれた大学1、2年生です。 中には今回が初めてのサークル活動という生徒さんもいて、包丁を握る姿、お米を研ぐ姿にも初々しさを感じます。 というわけで、今回作るのは調理の手間があまり(もしくは、ほと...

作成日時:2023/06/08 10:28

 更新日時:2023/06/08 10:28


公開

0円食堂に向けた食堂

新型コロナウイルスの新規感染者が高止まりを続けていたり、 0円食堂で食事を作ってくれる大学生の皆さんが試験があったりで、 なかなか0円食堂に向けた食堂をオープンすることが出来ないでいましたが、 令和5年2月4日、ようやくコロナの新規感染者も福島県では下火になり、 大学生の試験もひと段落したということで、0円食堂に向けた食堂を実施することが出来ました。 本日の献立はハヤシライスです。 毎回開催場所は東日本大震災及び福島第一原発事故により福島県の浜通りの市町村から、 菊人形や智恵子抄で有名な安達太良山がある二本松市に避難している方々が暮らす災害公営住宅若宮団地で実施しておりますが、 ...

作成日時:2023/02/05 13:43

 更新日時:2023/02/05 13:43


公開

第6回ゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

10月23日に福島県二本松市の災害公営住宅若宮団地で第6回ゼロ円食堂に向けた食堂の活動を行いました。 今回の活動にも福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが4名参加してくれました。 学生さんから「この活動はやっていてとても楽しくて、笑いが絶えないし、住民の方とも交流出来るのでやりがいがあります」というお言葉を頂くことが出来ました。 私どもからしても学生の皆さんがいないと活動を始めることも出来ないし、むしろ毎回協力していただいてありがたいばかりです、という気持ちでいっぱいです。 さてここで寄付プロジェクト名にもなっている「ゼロ円食堂に向けた食堂」の名前の由来を改めて説明させて頂きま...

作成日時:2022/10/24 20:16

 更新日時:2022/10/24 20:16


公開

第5回ゼロ円食堂に向けた食堂の活動報告

9月24日に福島県二本松市にある災害公営住宅若宮団地で第5回ゼロ円食堂に向けた食堂を実施しました。 今回の活動にも福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが参加してくれました。 「ゼロ円食堂に向けた食堂」についても回を重ねるごとに若宮団地の住民だけではなく、二本松市内の他の災害公営住宅の方にも知れ渡り、他の団地の方もゼロ円食堂に向けた食堂の開催日には若宮団地に来てくれるようになりました。 ゼロ円食堂に向けた食堂を実施することによって、普段は別々の団地に住む方同士の交流も生まれるようになっています。 今回のゼロ円食堂に向けた食堂ではミートソース丼を作りました。 ミートソース丼という...

作成日時:2022/09/30 12:04

 更新日時:2022/09/30 12:04


公開

第4回ゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

令和4年7月31日、「ゼロ円食堂に向けた食堂」の第4回目の活動を福島県二本松市にあります、東日本大震災の被災者が生活している災害公営住宅の集会所で実施しました。 いつもでしたら福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんに協力してもらっておりますが、 福島県内でかつてないほどの新型コロナウイルスの新規感染者が出ており(これまでは1,000人を超えたら今日は多いなと感じていたところ、今では2,000人を超えています)、 福島大学では学生をコロナの脅威から守るために学外での活動は禁止となっておりますので、 個人的なつながりのあるごく少数の学生に協力してもらって、今回の活動にこぎつけました。...

作成日時:2022/08/05 10:40

 更新日時:2022/08/05 10:40


公開

第3回ゼロ円食堂に向けた食堂活動報告

令和4年6月12日、「ゼロ円食堂に向けた食堂」の第3回目の活動を福島県二本松市にある東日本大震災の被災者が生活している災害公営住宅若宮団地の集会所で実施しました。 今回は福島大学の学生3名が参加してくれました。 本日の献立は親子丼です。 学生さんの一人は「普段はお味噌汁を作るぐらいしか料理はしません」と言っていましたが、それでも玉ねぎを切る包丁はリズミカルに動いていました。 前回の活動の際に「団地の方に名前を憶えてもらう」と言っていた学生さんが、 団地の方が食事を取りに来た際に「私の名前(ニックネーム)は何でしょう」クイズをしていましたが、 ちゃんと団地の方は「〇〇ちゃんでしょ。ち...

作成日時:2022/06/13 09:28

 更新日時:2022/06/13 09:28


公開

第2回ゼロ円食堂に向けた食堂の活動報告

令和4年5月29日、「ゼロ円食堂に向けた食堂」の第2回目の活動を福島県二本松市にある東日本大震災の被災者が生活している災害公営住宅若宮団地の集会所で実施しました。 前回は福島大学の学生さんが参加してくれたのですが、今回は福島大学はコロナ禍で学外での活動に制限がかかっていたため、 10代、20代の大学生に個人的なつながりということで、活動に参加してもらいました。   2回目の活動という事で、災害公営住宅若宮団地にお住いの方に何が食べたいかのアンケートを取り、見事第1位となったのが豚キムチ丼でした。 学生さんは「今回は食べに来てくれる方に名前を憶えてもらう」という目標を立ててきたようで、...

作成日時:2022/05/31 16:08

 更新日時:2022/05/31 16:08


公開

ゼロ円食堂に向けた食堂開始しました

令和4年4月24日、「ゼロ円食堂に向けた食堂」の第一回目を福島県二本松市にある東日本大震災の被災者が生活している災害公営住宅若宮団地の集会所で実施しました。 福島大学の2年生が3名、3年生が1名の計4名が参加してくれました。 初回という事で、手の込んだ料理ではなく、鍋一つ、釜一つで出来るそぼろ丼を作りました。 学生さんは慣れた手つきやおぼつかない手つきで(この辺は一人暮らしで自炊をしているか、実家暮らしで自炊をしたことがないかで大きく違いますね)、 それでも一生懸命にひき肉を炒めたり、生姜の皮を剥いたりしていました。 本当は食べに来てくれた方々と一緒に食べたいところですが、それだと集...

作成日時:2022/04/25 10:28

 更新日時:2022/04/25 10:28


公開

ご寄付に感謝です

ゼロ円食堂に向けた食堂に多くのご寄付を頂戴しています。 先日放送された「ザ!鉄腕!DASH!!」でもゼロ円食堂をやっていました。   本来ならばまだまだ美味しく食べられる食材であっても、形がいびつだったり、傷があるために廃棄されたり、 賞味期限が近づいてきたので店頭には出せずに廃棄されてしまう食材が多くあります。 それらの食材を有効活用して、食べることが満足に出来ない方々に美味しい食事として届ける活動=ゼロ円食堂を将来的には実施していきます。 ただいきなり何の活動実績もない団体に「捨ててしまう食べ物をください」と来られても、追い返したくなるでしょう。 ですから、まずは皆様からのご...

作成日時:2022/02/08 16:11

 更新日時:2022/02/08 16:11



戻る