活動レポート一覧

公開

学生への食料支援

5月から県内の大学でスタートしている「学生への食支援」 6月から本格的に始まっています。期間中述べ「2500人」以上の学生に食支援を実施予定です。1ヶ月約3トン~4トンの食品が必要となります。 各大学の学生に3回~4回食支援を行ないます。 物価高騰は学生生活も苦しくしています。 学費を賄うためにアルバイトをしている、仕送りが減っていて食費を抑えている等、頑張る学生を少しでも応援できるよう、提供してくださる企業・団体・農家・個人の方からの食品を募っております。 <コープあきた様よりコーヒーセット29箱頂きました> *5月6月支援物資 協力団体* ・ふうどばんく東北AGAIN ・コ...

作成日時:2024/07/06 04:16

 更新日時:2024/07/06 04:16


公開

秋田県内の大学・短大生への「食支援」始まっています

5月から秋田県内の大学でスタートしている「学生への食支援」 6月から本格的に始まっています。期間中述べ「3000人」以上の学生に食支援を実施予定です。 たくさんの食品が必要となりますので、提供してくださる企業・団体・農家・個人の方からの協力をお願いしております。 学費を賄うためにアルバイトをしている、仕送りが減っていて食 費を抑えている等、頑張る学生を少しでも応援できるよう食品を募っております。 今年度は3回~4回の食品提供を予定しています。    

作成日時:2024/06/18 02:21

 更新日時:2024/06/18 02:21


公開

学生を応援します

「秋田県内の大学・短大に通う学生を応援します」 物価高騰は進学する学生の生活も直撃しています。アルバイトをしながら学業に励む学生、将来の夢の実現や資格取得にむけて頑張っている学生を食支援で応援します。 今年度は6月・7月・10月・11月に延べ2500人以上の学生に食支援を行なう予定です。   フードバンクは「食品ロスの有効活用」を目的にしている活動ですが、企業の食品ロス削減や個人・団体・企業からの食品提供が激減しています。その結果、提供出来る食品が集まらなくなって、フードバンク活動が難しく、従来の支援方法では活動が出来なくなってきています。 不足気味な食品寄付、増える緊急食料支援要請...

作成日時:2024/05/28 01:13

 更新日時:2024/05/28 01:13


公開

こども食堂新年度スタート

新年度の親子食堂は4月5日からスタート 企業様やクラウドファンデイング、助成金で材料を購入し、お弁当をつくっています。 1回の開催でお弁当を「50食」ひとり親世帯へ提供する事ができました。ありがとうございます。 6月からは秋田県内の対象大学生1500人に食料支援を実施予定です。 引き続き応援宜しくお願い致します。  

作成日時:2024/04/21 01:24

 更新日時:2024/04/21 01:24


公開

フードバンク・食料支援要請増加

物価高騰や燃料費・・・生活を直撃しています。 賃金アップも秋田県の企業は一部だけ、中小企業も厳しい経営状態です 頑張っているひとり親世帯も希望が見いだせないし、子ども達の食欲は旺盛・・・ 増える食料支援要請にご寄付や助成金で提供しています 活動の継続にご協力ください。   HPで活動を発信しています。 https://akitatsukeai.jimdosite.com/    

作成日時:2024/01/21 02:36

 更新日時:2024/01/21 02:36


公開

年末に続けていること

毎年年末には「お餅・あんこ・きなこ・そば」をおくる活動を続けています。少しでも明るいお正月が迎えられるようにと願いを込めて続けています。 食支援をしなくても良い社会になる日のために、活動を続けていきます。  

作成日時:2023/12/23 00:11

 更新日時:2023/12/23 00:11


公開

食料支援 フードバンクでひとり親世帯を応援

秋田県全域を対象に食料支援を行っています。長引く物価高騰、燃料費高騰による「ひとり親世帯」への食料品・日用品提供に力を入れています。 10月~1月まで期間に多くのひとり親世帯への食料支援を行っています。年収200万以下のひとり親世帯が対象です。 お問い合わせください。 電話018-862-6777(月曜~金曜10:00~17:00) ひとりで頑張るお母さんを応援します オムツも提供できます

作成日時:2023/10/22 02:38

 更新日時:2023/10/22 02:38


公開

ガソリン代・・・

月に2回こども食堂でお弁当を提供しています。一緒に食品、日用品、野菜なども提供しています。 ここ最近お弁当を希望する世帯が少し減ってきました。その理由を聞いてみたところ、「ガソリン代を節約したい」「ガソリンが高いので給油しないために我慢している」と言う。 1食の食事と食品寄付を取りに来ることも考えてしまうほど、切実だ。 宅配で支援している世帯もあるが、現在宅配代は法人が何とか捻出している状態。支援する側もされる側も必死だと実感した。 今後ますます物価は上がり、光熱やガソリンは上がり続ける。10月賃上げで少し給料が上がるが、追いつかない。 少し先のミライにさえ希望が持てない・・・  ...

作成日時:2023/09/27 01:12

 更新日時:2023/09/27 01:12


公開

こども食堂は寄付で実施しています

9月の親子食堂は2日・9日開催予定です。 2日は下北手桜字桜谷地のみらい工房で開催しました。 お肉の寄付があり、お弁当に大盛りのお肉! 9日は泉RAUMで開催予定です。事前に予約している方が対象です。 みらい工房 こども食堂・駄菓子屋さん、学習塾は企業・団体・個人の方の「寄付」で運営しています 皆さまからのご寄付がこどもたちの未来を応援しています。ありがとうございます。

作成日時:2023/09/05 00:35

 更新日時:2023/09/05 00:35


公開

水害により学用品使えなくなっています

7月14日~17日まで秋田に降った雨は秋田市に甚大な被害を与えました。秋田駅東口に鯉やフナな泳ぎ、一面水没していました。 家の中でも胸まで水の浸かり、家や車は水没、こども達の学校で必要なものや、制服、大切なものが水につかり困っています。雨からそのまま夏休みとなり、片付けに追われています。 当法人では「制服リユース」や「子ども服リユース」も行なっています。必要な方の提供出来るよう準備しています。 夏休み明けには元気に学校に通えるよう必要としているサポートを行なって参ります。  

作成日時:2023/07/27 00:01

 更新日時:2023/08/05 12:32


公開

食堂拠点を2箇所にしました

長引くコロナで食事をするのではなく「お弁当」に切りかけていましたが、当面食事ではなく、お弁当提供を継続することにしています。 テーブルで食事を提供するより人数より、より多くのひとり親世帯に提供出来るからです。 今年度からは法人運営のカフェで1回、秋田市内の新たな拠点で1回実施しています。 新たな拠点は「こども支援の拠点」として、フリースクール、不登校相談、まちなか保健室、子ども服リユース、無料の駄菓子屋さん、こども食堂を行なっています。 無料の駄菓子屋さんは大盛況です。 企業や皆さまからのご寄付で駄菓子を購入し、こども達に無料で提供しています。 活動を継続出来るのも、多くの方のご協...

作成日時:2023/07/06 00:48

 更新日時:2023/07/06 00:48


公開

学生支援

この春秋田を離れて進学する学生に「1年間食糧支援」で応援するプロジェクトがスタートしています。毎月1回学生のものに食品や日用品を宅配で届けます。 親元を離れ夢に向かって頑張る学生を秋田から応援します。  

作成日時:2023/05/28 00:40

 更新日時:2023/06/04 01:14


公開

温かい食事

長引くコロナの影響で、3年前からこども食堂は「お弁当配布」に切り替え活動しています。温かいお弁当の提供を心がけています。 そんな中、昨年8月から12月まで「こども食堂ランチ会」を開きました。(ひとり親家庭等の子どもの食事等支援事業)の採択を受け、実施することが出来ました。 活動には運資金の確保が最大のミッションですが、ご寄付や応援、助成金を受けておこなっています。継続出来るように皆さまからのご寄付を使わせて頂いています。 応援を背に受け、今年も頑張って参ります。   こども食堂「みらい工房」

作成日時:2023/01/28 12:27

 更新日時:2023/01/28 12:27


公開

新しい年を元気にスタートさせたい

新しい年が明けました。毎年思うことは、団体の事業が減ること。それは困った人が減ることになるか、もっとキチンと制度ができるか、素晴らしい団体が取り組んでくれることを希望しています。2015年から始めた活動ですが、いまのところ減る気配はありません。次にバトンを渡し、よりよい活動をしてくれる団体が現れる用なら、ノウハウは惜しみません・・・そんなことを毎年この時期に考えていますが、毎年の抱負とし「活動を前に進める」に落ち着きます。 1月6日から「こども食堂」がスタートし、食糧支援も始まります。 多くの笑顔に会えるよう,今年もスタッフ一同頑張って参ります。 応援宜しくお願い致します。   BL...

作成日時:2023/01/02 15:09

 更新日時:2023/01/02 15:09


公開

年末に続けていること

毎年この時期になると「お餅・あんこ・きなこ・そば」を送る活動を行っています。 今年で6回目。新しい年を笑顔で迎えてほしいと願いを込めて続けています。 秋田県内の母子支援施設、ひとり親世帯へ届けました。 食糧支援活動を続けていて思うことは、「生きることは食べること。元気の源です」希望をもって前に進めるお手伝いが出来ればと、活動は8年目を迎えます。 食品の寄付、寄付金を頂きながら、困っている世帯へ「つなげて」います。 法人として現在13事業に取り組んでいます。法の狭間で何の制度もない人への支援に力を入れています。 今年一年もたくさんの方々に支えられ、活動が出来たことに感謝申しあげます。...

作成日時:2022/12/25 23:38

 更新日時:2022/12/25 23:38


公開

集まらない食品

長引くコロナと物価高騰、SDGsへの取組みで「食品ロス」の活用、ロスを出さない取組みが加速しています。食糧支援の要請は急増していますが、食品が集まらない状況です。今まで支援をして頂いていた方も減り、寄付も半減しています。そんな中でも食糧支援に力をいれ、取り組んでいます。世界がさまざまな問題に直面し、苦しんでいます。感心をもってご協力して頂ける方が活動には必要です。月に2回お弁当配布、パントリー、学生支援、宅配による食糧支援を継続しています。宜しくお願い致します。

作成日時:2022/12/08 02:22

 更新日時:2022/12/08 02:22


公開

学生支援

「お昼ご飯も買えない学生がいます。」と先生が話す。コロナ禍や物価の高騰、すべて値上がりしている。アルバイトや仕送りが減り、お昼はカップ麺のみ・・・勉強屋サークル、研究をするにもお腹が減る。昨年から行っている「学生支援」を今年度は4月、6月と継続して毎回100名の学生を対象に食品・日用品・消毒液等を提供しました。 今後も続けていきます。

作成日時:2022/06/21 01:07

 更新日時:2022/06/21 01:08


公開

緊急食糧支援おこなっています。

3月25日~31日までひとり親世帯への緊急食糧支援を実施します。土日も受付て多くの親子に支援出来るよう呼びかけています。 食糧の提供や寄付も受付しております。4月と6月には学生への食糧支援も予定しています。お昼ご飯を買えない学生がいるということで、昨年の12月も162名の学生に約1トンの食糧支援を行いました。お腹いっぱい食べて有意義な学生生活を送ってほしい・・・コロナでアルバイトも出来ない日があったり、バイト代が減っています。 応援できる機会を増やして行きたい。 定期的な食糧支援が子どもの命綱になっているケースもあります。出来る事を粛々と実施しています。

作成日時:2022/03/23 01:30

 更新日時:2022/03/23 01:30



戻る