子ども(海外)

女性

貧困

自立支援

教育

国際協力

SDGs① 貧困をなくそう

SDGs④ 質の高い教育をみんなに

SDGs⑤ ジェンダー平等を実現しよう

SDGs⑰ パートナーシップで目標を達成しよう

アジア

特定の人々

環境や仕組み

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の解決

定着・普及段階

学習教材を通じて東ティモールの人々に生きるチカラを!

  • 寄付額

    3,000

  • 目標金額

    2,000,000

  • 寄付数

    1

    応援者

    0

  • 開始日時

    2017/12/07 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

私たちは、東ティモールの農村部、とくに貧しく識字能力の低い世帯に向けて、現地語「テトゥン語」による学習雑誌「ラファエック」を作成・配布し、子どもたちの教育や発育、健康管理についての知識と能力の習得、また小規模ビジネス、農業、健康、識字と計算の4分野の知識を身に付けることを目指します。また、この雑誌を利用した住民参加のワークショップを中心とした活動も展開します。

視覚的にわかりやすいラファエックでの授業で子どもたちも笑顔

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
アジアで一番新しい国である東ティモールは、国民の約4割が1日1.25ドル以下で暮らすアジア最貧の一つ。貧困層の85%は農村部に暮らし、昨今、農村部と都市部との経済格差顕著となっています。

公用語であるポルトガル語の成人識字率は都市部で約43%である一方、農村部では約25%と圧倒的に低く、教育に関しても地域格差が生まれています。さらに、情報格差も広がっており、農村部においては、東ティモールで最も多くの人が理解する言語「テトゥン語」の教科書はもちろん、新聞も都市部でしか入手できず、生活に必要な情報源がほとんどありません。そのため、十分な識字能力や計算能力を身に付けることができないため、経済活動や家計の管理に支障をきたし、親の識字能力の低さが子どもの栄養・健康状態、そして就学率にも悪影響となって現れています。

【解決する方法】
東ティモール13県に、この国で最も多くの人々が理解する言語「テトゥン語」で書かれた学習雑誌「ラファエック」を作成、配布します。読み書き・計算に加え、生活に必要な情報について、イラストやクイズとともに、分かりやすく紹介しています。成人向け、未就学児~小学校2年生向け、小学3~4年生向け、教員向けの4種類があります。さらに、ラファエックの内容についての理解をより深め、実生活の中での活用を促すために行う、住民参加型のワークショップも開催します。
成人向けには、栄養、農業、読み書きなど生活に役立つ情報を掲載
この活動を通して、以下の知識と実践能力を身に着けることを目指しています。
1)基礎的な計算能力と識字能力の向上
2)農業生産の管理と家族の健康管理の改善
3)起業と小規模金融サービスについての住民の理解の促進
4)幼児の健康や発育、子どもを学校に通わせることの保護者の理解の促進
成人向けラファエックに掲載された有機殺虫剤づくりの実演講習会

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
農村部の子どもの発育・教育状況と世帯全体の生活生計能力の向上を図り、自立的な地域社会を作ることができます。

【受益者からのメッセージ】

ローデスちゃんは、ラファエックで見た警察官かパイロットが夢です
ローデスちゃん 12歳
「私は12歳です。でも、学校に入れたのが遅かったから、まだ4年生。みんなより遅れているけど、CAREが配布してくれる教育雑誌「ラファエック」を読んで勉強するのが大好きです。大きくなったらラファエックで見たパイロットか警察官になりたいです。」

【あなたのご寄付でできること】
2,000円のご寄付で、子ども向けの学習雑誌を100冊作成することができます。

今日はラファエックが届いた日。みんな大喜び!

団体情報
ケア・インターナショナル ジャパン

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパンは、世界100カ国で人道支援活動を行う国際NGOケア・インターナショナルの一員です。災害時の緊急・復興支援や「女性と女子」の自立支援を通して、貧困のない社会を目指しています。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る