1 - 5 / 5
1   1 / 1ページ
1 - 5 / 5
 1 / 1ページ

活動レポート一覧

公開

CAREインド 3つの対策 ーコロナ専門病院の開設、ワクチン接種の促進、感染予防の啓発

インドにおける新型コロナウイルス感染の急拡大をうけて、 CARE は一丸となって対応しています。具体的には、現地事務所が中心となって、中央政府や地元政府と協力して、時宜にかない、最大の効果が得られるよう対応しています。   3 つの対策 ーコロナ専門病院の開設、ワクチン接種の促進、感染予防の啓発 CARE インドは、最も支援が求められている分野に対し、以下の 3 つの対策を講じています。     ● コロナ専門病院や保健センターの開設 病床、酸素、医療従事者、医薬品、防護具などが整った施設を設け、政府の対策を補っています。   ・インド全土の既存の保健センターの...

作成日時:2021/05/18 15:27

 更新日時:2021/05/18 16:16


公開

CAREインド 第二波に立ち向かう支援

新型コロナウイルス感染拡大の第二波がインド全土に広がり、大きな被害をもたらしています。 世界の陽性件数のうち7件に1件がインドで発生しています。 ワクチンのカバー率は人口の1.5%で、医療体制が比較的整っている都市部でさえ、多くの患者が必要なベッドを得られない状況です。   CAREはインドで70年以上活動しており、政府とも協働し、災害などの緊急時においても人々の健康を守る支援を実施してきました。 新型コロナウイルス感染緊急支援では、仮設病院やケアセンターの拡充、ワクチン接種体制の強化、手洗いなどの衛生啓発を中心に支援活動を行っています。    

作成日時:2021/05/07 09:54

 更新日時:2021/05/07 15:11


公開

CAREは、69か国、1800万人以上に支援を届けています

私たちは、各国のCAREとともに、これまでに69カ国、1,800万人以上に直接支援を届けています 。 ■ミャンマー難民キャンプ ソビカさんのお話 2020年8月、CAREは、バングラデシュ、コックスバザールの難民キャンプ15で緊急衛生キットを思春期の少女たちに配布しました。最も脆弱な世帯の思春期の少女たちを選定し、生理用品、タオル、ブラシ、歯磨き、石けん、洗剤、などの衛生用品キットが合計290人の少女に提供されました 。 ソビカさんはサポートを受けた思春期の少女の一人です。 「衛生キットを受け取ってとても嬉しいです。 今では、ウイルスから身を守る方法を知っています。私の家では石けんと...

作成日時:2020/09/25 17:00

 更新日時:2020/09/25 17:01


公開

ミャンマー難民キャンプで感染阻止に取り組むスタッフを紹介します

「ヒーローは、危機に際して現れる」と語るのは、ダス副所長。 ダス副所長は、CAREバングラデシュで、ミャンマー難民支援の指揮を執っています。彼のリーダーシップの下、コックスバザールのミャンマー難民キャンプで新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、 以下、7名のスタッフが懸命に取り組んでいます。 Ayesha Siddikaは、この3週間、休みなく、難民キャンプ内の各コミュニティを巡回し、疲労が顔に出ています。家族はとても心配していますが、Ayeshaを引き留めることはできません。彼女の意思は固く、たった1件でも新型コロナウイルス感染の陽性が出れば、キャンプ内の大惨事につながってしまうの...

作成日時:2020/05/14 16:39

 更新日時:2020/05/20 09:02


公開

CAREは、基金の100万ドルを拠出し、アジア、アフリカなど17カ国へ緊急支援を届けます

これまで類を見ない世界規模の新型コロナウイルス感染拡大に対し、CAREは、最もリスクの高い17の国を支援するために、内部留保の緊急基金から100万ドルを拠出することを決定しました。 この緊急措置により、食糧の配布などの緊急支援活動を迅速かつ柔軟に行えるようになります。対象となる国と地域は以下のとおりです(順不同)。 アジア:フィリピン、ミャンマー、バングラデシュ、ネパール アフリカ:南スーダン、チャド、ブルキナファソ、ニジェール、シエラレオネ、ナイジェリア、ソマリア、ジンバブエ、エチオピア、ウガンダ 南米:ハイチ 中東:パレスチナ自治区、シリア北東部、レバノン   具体的な支援内...

作成日時:2020/04/24 12:14

 更新日時:2020/05/20 09:02


1 - 5 / 5
1   1 / 1ページ
1 - 5 / 5
 1 / 1ページ

プロジェクト詳細に戻る