障がい者

国際協力

SDGs⑰ パートナーシップで目標を達成しよう

アジア

特定の人々

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の解決

実行・確立段階

アジア太平洋の障害者活動にご支援を

  • 寄付額

    0

  • 寄付数

    0

    応援者

    0

  • 開始日時

    2008/04/27 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

DPIアジア太平洋(DPI-AP)ブロックは世界の障害者人口の60%をかかえ、35カ国の障害者への支援を行っています。
1981年のDPI(障害者インターナショナル)発足以来、多くの加盟国でセミナーを開き、若手リーダーを発掘し、障害者団体を育成・支援してきました。


現在は、様々な国際機関が集まるタイに事務局を開設し、年間15件以上のセミナーやプログラムを行っています。

 

また、日本からは財政的支援のほか、「アジア障害者支援プロジェクト」としてDPI-APブロック事務局を通し、車いすやパーツをアジア各国に送っています。

 

これらの支援の中心的役割を果たしてきたDPI-AP事務局が、財政難のため存亡の危機に瀕しています。アジアの若手リーダー育成や、地域生活の確立、バリアフリーの推進、障害者権利条約の普及啓発などに取り組む、アジア太平洋の障害者活動へご協力お願いします。

団体情報
DPI日本会議

 障害当事者の立場から障害者団体の育成、障害者に関する施策の研究と普及、並びに海外の障害者との協力活動等に関する事業を行い、障害者の権利擁護を図ることで個人の独立と尊厳等人権が守られる社会の実現に寄与することを目的とする(定款より)

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る