DPI日本会議

でぃーぴあいにほんかいぎ

公式HP:http://www.dpi-japan.org/
財務情報:http://dpi-japan.org/about/organization/finance/

DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、障害者の自立生活と権利の確立に向けて活動を続けてきました。身体、知的、精神、難病などの障害の種別を超えて、自らの声をもって活動する障害当事者団体です。人権の問題として、社会の問題として、障害者問題に取り組んでいます。

寄付プロジェクト数

3

応援企画数

0

団体への寄付件数

0

寄付総額

0

共に議論できる場をつくる為に、『情報保障』が必要です。

受付中

寄付数
0
寄付総金額
¥ 0

障害をもつ人が権利をまもるために!

受付中

寄付数
0
寄付総金額
¥ 0

アジア太平洋の障害者活動にご支援を

受付中

寄付数
0
寄付総金額
¥ 0
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 認定特定非営利活動法人・DPI日本会議
設立経緯 DPI 日本会議は、DPIの日本国内組織として、1986年に発足しました。DPI(Disabled Peoples’ International)とは、1981年の国際障害者年を機に、シンガポールで国際障害者運動のネットワークとして結成されました。現在130カ国以上が加盟し、世界6ブロックに分かれ、障害のある人の権利の保護と社会参加の機会平等を目的に活動をしている、国際 NGO です。
取り組んでいる社会的課題 DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、障害者の自立生活と権利の確立に向けて活動を続けてきました。身体、知的、精神、難病などの障害の種別を超えて、自らの声をもって活動する障害当事者団体です。人権の問題として、社会の問題として、障害者問題に取り組んでいます。
主要事業 ・障害者に関わる施策の政策提言事業:国会、関係省庁との協議、ロビーイングなど
・障害者に関わる施策の調査研究事業:施策の実施状況調査や法制度提案のための調査研究
・障害者に関わる施策の普及啓発活動:各地でのイベントや講師派遣、情報発信など
・障害者の権利擁護に関する事業:相談機関「DPI障害者権利擁護センター」の運営
・障害者団体育成事業:地方ブロックへの支援や地方集会開催のための支援など
・障害者に関わる国際活動事業:途上国の障害者の人権の確立・生活条件向上のための活動、障害者の権利条約の国際的な推進、障害者リーダーの養成など ・DPI日本会議や関係者・団体編著の書籍の出版・販売、イエローリボンの普及活動
・点字印刷事業:視覚障害者の情報保障のため、点字印刷、テキストリーダ、点字データ、音声テープの作成など
住所 〒 1010054
東京都 千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル5階
団体電話 0352823730
代表者名 理事、平野 みどり
公式HP http://www.dpi-japan.org/
財務情報 http://dpi-japan.org/about/organization/finance/