子ども(海外)

障がい者

権利

人権

病気

人道支援

保健衛生

緊急支援

SDGs⑥ 安全な水とトイレを世界中に

アジア

アフリカ

南アメリカ

環境や仕組み

拠点や組織

社会的排除の解消

事業・サービス・政策等のイノベーション

問題の悪化を防ぐ

問題を人々に認識してもらう

施行の段階

【新型コロナウイルス感染症緊急支援】手洗いで大切な命を守る!ウォーターエイドの緊急支援にご協力ください

  • 寄付額

    54,000

  • 目標金額

    500,000

  • 寄付数

    8

    応援者

    0

  • 開始日時

    2020/05/21 18:43

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

【プロジェクトの概要】

長年、水・衛生専門の国際NGOとして活動してきたウォーターエイドは、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の拡大を防止するための緊急対応を3月から開始。アジア、アフリカ、太平洋地域、中南米にあるウォーターエイドの活動国(26か国)で、手洗い等衛生習慣の促進、そして手洗いに必要な水の供給・確保に取り組んでいます。

 

【解決しようとしている社会課題】

手洗いや正しい衛生習慣は、新型コロナウイルスような未知のウイルスから身を守るため、非常に重要な方法の1つです。しかし、世界では40%の家庭で、こうした手洗い設備を利用することができません。また、世界の43%の保健医療施設には、水と石けんを使うことのできる手洗い設備がありません

水・衛生環境や医療体制が脆弱な国々で、新型コロナウイルス感染症が拡大すると、多くの人々の健康と命が危機にさらされます。手洗いを通じて多くの人の健康と命を守るため、皆さまからのご支援が必要です。ご協力をお願いいたします。


【ウォーターエイドの取り組み】

手洗い設備の設置

保健医療施設や人口密集地域、農村部において、感染症予防のために手洗いができるよう設備を設置しています。

適切な衛生習慣の普及促進

各国で起こりうる衛生習慣に関する誤った理解や行動を見据え、国・地域、社会、文化に合ったツールや発信方法を用い、正しい手洗い習慣や物理的距離をとるなどの行動変容を促すキャンペーンを実施しています。

脆弱層の支援

最も脆弱な状況にある人々が感染症から身を守ることができるよう、手話を使った手洗い啓発ビデオの作成、車いすで利用可能な手洗い設備の設置など、さまざまなニーズに対応した水・衛生の取り組みを進めています。

国や地方政府と連携

国や地方自治体、民間企業など多くのステークホルダーに対し、新型コロナウイルス感染症対策としての水・衛生の取り組みを強化するよう働きかけています。

 

 【あなたのご寄付でできること】

例えば・・・1,000円のご寄付人口の92%が家庭での手洗いができないエチオピア石けん35を届けることができます

例えば・・・3,000円のご寄付で人口の86%が家庭での手洗いができないザンビア簡易手洗い設備を2設置することが出来ます。

 

 

手洗いを通じて多くの人の健康と命を守るため、皆さまからのご支援が必要です。ご協力をお願いいたします。

 

団体情報
ウォーターエイドジャパン

ビジョン:すべての人々が、清潔な水と衛生を利用できる世界
ミッション:世界で最も貧しく社会的に取り残されている人々に清潔な水と衛生環境を届けることによって、人々の暮らしを変えていくこと

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る