障がい者

コミュニティ再生

アート

人権

芸術文化

SDGs③ すべての人に健康と福祉を

SDGs④ 質の高い教育をみんなに

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

SDGs⑯ 平和と公正をすべての人に

SDGs⑰ パートナーシップで目標を達成しよう

関東

特定の人々

環境や仕組み

拠点や組織

市民社会の強化・改善

社会的排除の解消

広く浅く、多くの人に直接効果を与える

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の悪化を防ぐ

問題の解決

問題を人々に認識してもらう

定着・普及段階

ちがいを認め合うアート空間「エイブルアート・スタジオ」の〈アフターコロナ〉に向けて

  • 寄付額

    434,000

  • 目標金額

    500,000

  • 寄付数

    2

    応援者

    0

  • 開始日時

    2013/07/31 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

エイブルアート・スタジオは誰にも開かれた多目的な場です。アート・社会・福祉を切り口に「アトリエ・ポレポレ」(1996-)と「エイブルアート芸術大学」(2010-)の2つのプログラムを開催しています。アートは人と人、人と場所をつなぐものであるという理念のもと、誰もが自分らしくいられる場であることを大切に、障害のあるなしに関わらず自由で豊かな表現の場を共有できる場として1年を通じて活動を行っています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
エイブルアート・スタジオに参加する方たちは主に障害のある人たちです。障害のある人たちにとって、地域の中で安心して参加し、楽しめる場はまだそんなに多くはありません。

表現活動を通して、自尊心を高め合い、他者との関わり合いの中から自分自身の存在の豊かさを知ることができたらどんなにいいだろう。そんな想いから2つのアトリエ活動は生まれました。そして、これまで多くの見学者を迎え、静かにこの理念のタネを全国にまきつづけています。

ところが、2020年の新型コロナウイルス感染症の影響により、活動は3月から休止せざるを得ない状況になってしまいました。参加者のいのちを守る視点、そして外出自粛要請によるものです。

声をあげなくても、話をしなくても、つながっていること・見守られていること・大切にされていることを実感できる、それが私たちのスタジオの醍醐味であり役割です。物理的な場をもてないことが、どんなに参加者にとって不安なことか、またそうした彼らを支えるファシリテータも活動を一切休止せざるを得ず、〈アフターコロナ〉に向けて、このような小さなスタジオがどう活動していけるのかが目下、大きな課題になっています。そしてこの悩みは、きっと全国の同じような小さなアトリエに共通するものと考えています。

【解決する方法】
「アトリエ・ポレポレ」は決まったかたちや技術にとらわれず、「気持よく表現したい」と思う方ならどなたでも参加できる場です。「エイブルアート芸術大学」は「イメージしている通りに絵を描きたい」「もっと自由に表現したい」と考える人に向けて、個別指導方式で一人ひとりの課題に向き合い、美術表現のテクニックを高めます。

現在、当法人ではこの2つのアトリエに加え、東北事務局が2018年から設置したさらに2つのアトリエ参加者に対し、自宅待機や外出自粛要請が長期化することに備えて、場づくりの新しい方法の検証をはじめています。

●ステップ1:アンケート調査&ヒアリングの実施(2020年4月~)
参加者それぞれがもっている通信手段(郵便・電話・FAX・メール・SNSなど)で、日常の活動の変化・心身の状態・情報環境の実際(機器や利用可能な通信量など)を尋ねています。

●ステップ2:オンライン上の場に参加する練習会の実施(2020年4月~)
個別の情報環境に応じた案内、ツール利用実践、通信量などに配慮した参加可能方法を検討しています。

ステップ3:オンライン上のアトリエ実施(2020年5月2・3日試行)
地理的な場は離れていても、オンライン上で同じ時間・同じテーマを共有して生まれる表現、その作品の意義と意味を検証しています。

ステップ4:オンラインアトリエの成果と課題の抽出(2020年5月~)
オンラインアトリエの成果と課題を検証しています。オンラインアトリエならではのユニークな事象や可能性の分かち合いもみえてきました。

ステップ5:新しい活動方法の構築とその環境整備(2020年4月~)
外出自粛要請がつづいた場合、その環境において行う活動方法を構築し備えます。また、情報環境がない参加者への機器の貸出(タブレット端末やWiFiルーターなど)の仕組みの構築(公的資金・民間資金いずれでも)も行います。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
アートは人と人をむすびつけ、人と場を活性化します。行きたいときに、行けるときに、行けないときにも。それぞれが自己の表現と向き合いながら、関わり合い、何かを共有する空間。このような場があることは地域の中でとても重要なのです。

物理的に集まれないとき、人はこれを他の方法や考えかたでどこまで代替することができるのでしょうか。少し先のミライに向けた新しい模索と、ここで得た課題やノウハウを市民社会に還元することとを目標に、2020年度は活動していきます。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
「今まで辛かったけど、ここがあるしもうちょっと頑張ってみようかな」。「ポレポレに来ると誰かに必ず会えるから嬉しい」。「エイブルアート芸大にくると周りの目を気にしないで新しいことにチャレンジできる」。

一人ひとり、みな違うきっかけで参加するこの場ですが、大切な共通点は、認め合える場をもつこと。この小さなアトリエの、大きな冒険の船出をぜひ支援してください!

【寄付によって達成できること】

・1,000円あれば一人分の画材(1~3回分程度)を買うことができます(参加費を払うことが難しい参加者へ画材を提供します)。

・50,000円あれば、オンラインアトリエに参加する一人分の通信環境をつくることができます。

・200,000円あれば、展覧会(オンライン含)を開催してより多くの方たちに作品をみてもらうことが出来ます。

・500,000円あれば、小さなアトリエが試みた〈アフターコロナ〉に向けた活動実践を社会へ発信することができます(オンラインサロンまたはセミナーの企画・運営)。

団体情報
エイブル・アート・ジャパン

障害のある人をはじめ生きにくさを抱えている人たちと共に、次のような活動に取り組んでいます。
・芸術文化活動を通して自らを自由に表現する場やしくみをつくること。
・作品を発表したり販売する環境を整えること。
・美術作品や舞台芸術作品にアクセスする機会と環境を充実させること。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る