子ども(国内)

若者

自殺防止

不登校

SDGs① 貧困をなくそう

SDGs③ すべての人に健康と福祉を

北海道・東北

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の解決

実行・確立段階

行き場のない子ども、学校に行けない子ども、10代の自殺を減らすためのサポート支援

  • 寄付額

    10,000

  • 寄付数

    2

    応援者

    0

  • 開始日時

    2021/12/23 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

こどもを取り巻く環境

昨年から続くコロナでこどもの自殺が増えています。2020年に自殺した小中高生は前年比140人贈の過去最多479人でした。交通事故死より多い人数です。

大人の自死が減っている一方、10代の自死は2010年以降増加し続けています。10代の死因の1位が自殺の国は、先進7カ国の中で日本だけです。

 

 

プロジェクトが解決しようとしている社会課題「子どもたちに描ける未来を」

行き場のない子ども、学校に行けない子ども、10代の自殺を減らすためのサポート支援

10代の自殺が増えている事から今年5月「まちなか保健室」を開所しました。15時~17時の間が1番自殺の多い時間帯になります。

その下校時にまちなか保健室は開いています。行き場のないこどもたちを支援したい。「いつでも行ける場所」「相談出来る場所」があるだけで救えるかもしれません。

寄り添いながら支援することが必要です。

家でも学校でもない「居場所」は集える場所です。孤立を無くし、つながる社会を目指す。

相談できる場所もフリースクールも第三の居場所として、子どもたちを支えます。

 

取組①

<フリースクール・RAUMラウム> 

実施日:火曜日~金曜日10時から15時

対象:小学生~高校生

場所:秋田市手形中台72-3

学校以外の平日の居場所として2017年より実施しています。

学習・体操・ヨガ・音楽演奏・運動・サッカー教室・調理実習・校外学習・ボランティア委員会を立ち上げ、町内のゴミ拾いや掃除等自分たちで決めて活動している。                         

 

取組②

<こどもの第三の居場所>

日時:火曜日~金曜日15時から18時  土曜日10時から15時

対象:小学生~高校生

場所:秋田市手形中台72-3

地域やこどもたちに開放している居場所です。土曜日は地域の方々にも開放し、カフェも楽しめます。

 

取組③

<まちなか保健室・相談事業>

日時:木曜日・金曜日13時から17時

対象:10代・20代女性

場所:秋田市広面字屋敷田23-4  

10代、20代女性の自殺率が増えたことで、2021年5月に相談できる保健室を開所しました。

コロナ禍で若い女性の自死率が8倍に増えています。

相談員・スタッフとお茶を飲みながらおしゃべりしませんか

メール相談も行っています

mail:akitatasukeai2@gmail.com

 

取組④

<緊急宿泊所・DVシェルター>

受入:随時

対象:女性

2019年にシェルター開設。緊急宿泊所として女性の受け入れをしています。

 

さまざまな取組みを通して「つながる」活動をしています。

活動資金に充てさせて頂きます。ひとりでも多くこどもとつながり、伴走支援ができるよう応援宜しくお願い致します。

団体情報
秋田たすけあいネットあゆむ

誰もが心豊かに暮らせる社会。孤立を無くし、つながる社会を目指す。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る