子ども(国内)

女性

シングルマザー

家族

人権

SDGs① 貧困をなくそう

SDGs③ すべての人に健康と福祉を

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

日本全国

特定の人々

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の悪化を防ぐ

問題の解決

問題を人々に認識してもらう

定着・普及段階

「お父さんにも お母さんにも会いたい!」面会交流促進プロジェクト

  • 寄付額

    6,000

  • 目標金額

    1,000,000

  • 寄付数

    1

    応援者

    0

  • 開始日時

    2021/11/18 20:39

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

びじっとの願い

親が離婚しても親子の絆は変わりません。

 

面会交流とは、子どもと離れて暮らしている父母の一方が子どもと定期的、継続的に、会って話をしたり、一緒に遊んだり、電話や手紙などの方法で交流することをいいます。(法務省HPより)

 

子どもが、離れて暮らす親からも愛を受けて育つ場が面会交流です。

しかし、夫婦が離婚する背景はさまざまです。

当人たちだけでは子どもの養育に協力して向き合うのが難しく、離れて暮らす親子の関係を保つのが難しい場合もあります。

 

そんなとき、父母の間に立ってその養育を支え、援助するのが面会交流支援です。

お父さんにもお母さんにも会いたい!

そんな子どもの願いをかなえるために、面会交流促進の資金を募ります。

 

 

【一般社団法人びじっと・離婚と子ども問題支援センターとは

 

※写真はイメージです

 

びじっとは、両親の離婚を経験し心に負担を抱えてしまった子どもたちと、お父さん、お母さんを支援するため、2007年8月1日に設立した面会交流支援機関です。

2014年に継続的支援提供を目指して一般社団法人化をしました。

現在まで14年間の支援実績があります。

 

私たちは、両親が離婚をしても「自分は両方の親から信頼され、尊重されている」と子どもたちに実感を持ってもらうことが大切だと考えています。

 

 

【私たちが行っている事業】

 

1)高葛藤ゆえに面会に困難を抱える父母および子のための、面会交流支援事業

(父母間の日程調整、お子さんの受渡し、面会交流中の付添いなど)

2)面会条件等、子どもの養育に関する父母間調停(ADR)事業

3)子どもにとっての面会交流の大切さを、父母に理解いただく情報提供事業

 

詳しい活動内容や支援実績は「令和2年度事業報告書」をご覧ください。

https://www.npo-visit.net/uploads/files/kessan/No8_bisreport.pdf

 

 

【支援実績】

 

 

コロナ禍で直接の面会交流ができない状況がありましたがオンライン(zoom)での面会交流を導入したことにより昨年度は470回の面会交流を支援しました。

 

現在258名のお父さんお母さんと、199名のお子さんの支援を行っています。(2021年8月現在)

 


【受益者からのメッセージ】

※写真はイメージです

 

・オンライン面会交流で久しぶりに子ども達の顔が見られてよかったです。正直、始まるまでは不安でしたが、それもなくなりました。子ども達の適応能力の高さに驚いています。

 

・お父さんとの繋がりを途切れさせずにすみ、まずはホッとしました。子どもにとっては、先の見通しがつかない不安な状況でもお父さんに会えるという安心感があったのではないかと思います。

 

・I am grateful to all of you, especially the staff who supported my daughter in every meeting with her father. They are supportive, caring and nice. So my daughter felt comfortable with them. Now she is already a big girl. From the bottom of my heart, thank you ×5 for all your support.

 

・まだ係争中ですが利用しています。高葛藤の中、健全な発育を願って面会を決断。互いに我をぶつけながら、援助を受け実現にこぎつけました。面会援助だけでなく、心のあり方 まで大変お世話になっています。

 

【面会交流支援の課題】

離婚数全体の増大と面会交流取り決めのある離婚件数の増大に伴い、面会交流支援のニーズは高まるばかりです。

 

①びじっとでは有償ボランティアスタッフが面会交流支援にあたっています。

スタッフのやる気だけに頼らず、組織としてコミュニケーションスキルの高いスタッフを数多く育成していく必要があります。

②多くの案件を間違いなく遂行するためのプロセス整備やシステム整備も求められています

③情報提供のために、HPの更新や面会交流の必要性が伝わるパンフレットの作成が必要です。

 


【あなたからの寄付でできること】

 

面会交流および条件調停の支援を継続的・安定的におこなうことができます。

 

①支援件数の増大に対応し、高品質な支援スタッフを継続的に育成できます。

②ケース管理のIT化によって、難易度の高いケースを事故なく適切に支援できます。

③離別する父母、離別した親子に、面会交流と支援の情報を届けるためのHPやパンフレットを作成できます。

 

 

 

ご希望の方にびじっとの活動状況を記載した「びじっとサポーターメール」をお届けします。

https://www.npo-visit.net/support.php

 

Give One(ギブワン)でのご寄付は寄付金控除等の税制優遇措置の対象となります。
https://www.info.giveone.net/kifu-koujyo

寄付は1000円から可能です。毎月定額寄付ができる「継続寄付」も可能です。

※写真はイメージです

 

子どもたちのために、びじっとはあなたの力を必要としています。
暖かいご支援を、どうぞお願いいたします。

一般社団法人 びじっと・離婚と子ども問題支援センター

 

団体情報
びじっと・離婚と子ども問題支援センター

「10年先の子どもの未来を見据え 今を支援する。」面会交流によって安定した親子関係を構築することを目指します。愛情に満ち安定した親子関係は、愛着関係を育て、自己肯定感を育みます。健全な自己肯定感は精神の安定、ものごとに挑戦する勇気、困難に打ち勝つ粘り強さの土台となります。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る