人道支援

気候変動

緊急支援

医療

国際協力

SDGs③ すべての人に健康と福祉を

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

SDGs⑯ 平和と公正をすべての人に

アジア

特定の人々

広く浅く、多くの人に直接効果を与える

問題の解決

実行・確立段階

インドネシア土砂災害被災者緊急支援活動

  • 寄付額

    5,000

  • 寄付数

    1

    応援者

    0

  • 開始日時

    2021/10/08 09:36

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

【災害概要】

現地時間10月3日午後、インドネシア・スラウェシ島の南スラウェシ州ルゥー県では豪雨により川の氾濫、複数の地域で鉄砲水や地すべりが発生した。6日にインドネシア国家防災庁(BNPB)が発表した情報によると、死者は4人、169人が避難し、771世帯3084人が被災している。更に5日夜の時点で6つの村が孤立しているため、現在重機による復旧作業が進められている。

 

【活動概要】

被災状況を鑑み、AMDAインドネシア支部は、ムスリム大学 (Universitas Muslim Indonesia) AMSA支部と合同での支援活動を決定。医師含む合同医療チームは5日夕方、両支部があるスラウェシ州マカッサル市を出発。翌日6日夕方、追加で医療チームが同市を出発した。両チームはそれぞれ陸路で被災地に入り、活動を行う予定。

団体情報
アムダ(AMDA)

2020年3月現在、世界67か国でプロジェクトを実施。内、人道支援活動は59か国219件に上ります。地震や洪水等の災害発生後、被災者に医療等の支援を行うだけでなく、復興支援も実施しています。また、インドでの母子保健、モンゴル・ネパールでの内視鏡技術移転なども継続的に行っています。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る