子ども(国内)

子ども(海外)

若者

女性

在日外国人

がん患者

コミュニティ再生

家族

権利

人権

病気

人道支援

原発

環境保全

東日本大震災

緊急支援

医療

農業

SDGs⑫ つくる責任 つかう責任

SDGs⑭ 海の豊かさを守ろう

SDGs⑮ 陸の豊かさを守ろう

日本全国

全世界

市民社会の強化・改善

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の悪化を防ぐ

問題の解決

問題を人々に認識してもらう

施行の段階

たらちね放射能測定プロジェクト

  • 寄付額

    0

  • 目標金額

    3,000,000

  • 寄付数

    0

    応援者

    0

  • 開始日時

    2014/10/01 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】 2011年3月11日の福島第一原発事故災害は、健康に有害な放射能を大量放出し、人々が居住する地域を広範に汚染しました。たらちねでは、放射能の測定を行い、生きるために必要な食品や飲料水の測定結果を公開しています。安全を確かめて生活するための情報の公開は、子どもたちや地域の人々の被曝防護につながり健康を守ることになります。測定核種はセシウム134、137とストロンチウム90、トリチウムです。子どもたちの健康と未来のために私たちの活動を応援してください。

 

【ご寄付でできること】

*500円で食品の放射能が測定できます

*1000円で公園の落ち葉や木の測定ができます

*2000円で飲み水や遊び場の土壌の測定ができます

*3000円でストロンチウム90やトリチウムの測定ができます

 

放射能による被曝の影響は2世代後、3世代後まで続きます。

今の子どもたちの健康を守ることは未来の子どもたちを守ることにつながります。

私たちと一緒に、子どもたちの明るい未来を支えてください。

 

団体情報
いわき放射能市民測定室たらちね

原発の事故により大量に放出された放射性物質から子どもをはじめとする地域住民の心身の健康を守ることを使命とし立ち上がりました。環境汚染を可視化する放射能測定を行い、人々に情報を伝え、生活の中に反映させることで心身の健康を守ります。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る