人権

人道支援

自立支援

農業

国際協力

SDGs⑨ 産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

SDGs⑪ 住み続けられるまちづくりを

特定の人々

環境や仕組み

拠点や組織

ひとりひとりに深い影響を与える

事業・サービス・政策等のイノベーション

問題の解決

定着・普及段階

スリランカ・生活再建支援

  • 寄付額

    218,465

  • 目標金額

    53,000,000

  • 寄付数

    2

    応援者

    0

  • 開始日時

    2014/03/27 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

内戦終結から4年経ち、戦場だった同国東部に再定住を果たし、生活再建を目指す地域の人びとが、農業や酪農業で暮らしを立てていくための支援を行います。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
スリランカの内戦を逃れた国内避難民(IDP)が内戦終結後のIDPキャンプでの暮らしを始めた2009年、PWJは食糧支援や帰還先での仮設住宅建設などの緊急支援を開始しました。
その後、生計工場支援を通した元IDPの再定住を促進するための復興支援へと事業内容を移行しています。住む場所だけでなく生活手段が確保されなければ、生活再建は困難です。

【解決する方法】
農業分野では、これまで買付にやってくる仲買人の言い値で、もみ殻のままで各農家が売り渡していた主要作物である米を、付加価値をより高くして売れるよう、組合の運営で利用できる精米所整備するとともに、組合による米の回収システムを構築し、農民が組合を通じて互いに協力し合うことで、彼らの収入向上の実現を目指しています。
酪農分野では、研修や牛乳加工場への支援とともに、改良種の乳牛と牛舎用資材一式を各世帯に提供し、組合に設けた回転資金に各酪農家が毎月少しずつ返済し蓄積するやり方を導入し、組合の自立的運営の継続・発展を促進しています。
今後は組合が率先して牛乳の回収と販売に携われるよう、牛乳回収所を設置し、加工製品等の販売を通じて酪農家世帯の生活の安定につなげていきます。
【寄付によって達成できること】
たとえば1,000円のご寄付でできる支援
①トラクターによる40袋(68kg)の稲の回収1回分
②有機栽培による伝統米耕作に必要な種子1エーカー分
③アイスクリーム製造に必要な牛乳1週間分

 

 
団体情報
ピース ウィンズ・ジャパン

特定非営利活動法人ピース ウィンズ・ジャパン(PWJ)は、紛争や貧困などの脅威にさらされている人びとに対して支援活動を行うNGO (NonーGovernmental Organization = 非政府組織)です。日本に本部を置き、世界各地で活動しています。PWJは1996年の設立以来、「必要な人びとに必要な支援を」をモットーにしています。民族、政治、宗教、信条にとらわれることなく、国境をこえ、難民、国内避難民、災害被災者、また貧困に苦しむ人びとを支援しています。
 PWJの支援活動には、緊急時に生命の安

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る