生物多様性

気候変動

環境保全

SDGs⑬ 気候変動に具体的な対策を

SDGs⑭ 海の豊かさを守ろう

SDGs⑮ 陸の豊かさを守ろう

北海道・東北

環境や仕組み

ひとりひとりに深い影響を与える

問題の解決

実行・確立段階

「白神山地のブナの植樹祭を応援しよう」プロジェクト

  • 寄付額

    1,869,253

  • 寄付数

    1

    応援者

    0

  • 開始日時

    2014/10/01 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

 

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】

1993年日本初の世界遺産に登録された白神山地は、世界最大級の原生的なブナ林が広大に残存していることが評価され、自然遺産として登録されました。しかし、世界遺産になる前にその周辺部分は過去にブナが伐採され、森の荒廃が進んでいます。白神山地を守る会は、20年かけて、白神山地から種を拾い、その種を苗木にして、植樹祭を実施する為の「白神山地ブナ植樹フェスタin赤石川実行委員会」をつくり、毎年植林活動を展開してきました。

私たちはブナの森の復元・再生活動と言っています。今まで、3万8千本もの苗木を植林し、広葉樹の森の復元・再生を成功させました。たくさんの植林活動を通して、世界遺産を次世代に引き継ぐことが求められています。

 

【解決する方法】

私たちは毎年6月の第四週の日曜日に、「白神山地ブナ植樹フェスタin赤石川」という植樹祭を実行委員会形式で開催しています。全国から多くの自然保護活動を支援している方々が訪れ、11本植林してくれています。この活動を20年間続けてきました。これからもこの植林活動を継続して続けていきたいと考えております。この植林活動をご支援下さい。

団体情報
白神山地を守る会

エコロジー体験ツアー等の自然体験の実施や、白神山地のブナを種子(白神DNA)から育て、苗床で苗木にして、植樹祭等を通して苗木を植樹するという森の再生活動を実施しています。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る