アレルギー患者

東日本大震災

SDGs③ すべての人に健康と福祉を

事業・サービス・政策等のイノベーション

施行の段階

東北地方太平洋沖地震アレルギー患者支援活動

  • 寄付額

    3,000,812

  • 寄付数

    1

    応援者

    0

  • 開始日時

    2011/03/19 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

今回の大規模災害では、多くの被災者が食べ物に不自由した状態で日々を過ごされています。そして食物アレルギーがある人は、食物がやっと届いたとしても、その食物にアレルゲンが含まれていたら、何も食べることができません。

 食物アレルギーの人の手のひらに、その人のアレルゲンが含まれていない食物を届けなければなりません。食べものが医薬品と同じように取り扱われ、必要な人に必ず届くように、多くの人の協力で、バトンを渡すようにして食物を届けなければならないのです。医師のネットワーク、患者さんのネットワーク、NPOのネットワーク、ボランティアなどたくさんの人の力を借りて活動しています。アトピー性皮膚炎、ぜんそくの治療に必要なものや日常のセルフケアに必要なものも届けています。

 こうした災害支援活動を展開するためには資金が必要です。ぜひ、ご寄付・カンパへのご協力をお願いいたします。



(GiveOne事務局より)
生活再建・復旧には長期的な活動が必要となります。継続的なご寄付をどうぞよろしくお願い致します。

 

団体情報
アトピッ子地球の子ネットワーク

広く一般市民を対象とし、中でもアトピー・アレルギー性疾患をもつ患者とその家族を対象とした各種事業をとおして、患者らがその疾患ゆえに被る様々な不都合、差別、被害を解決するためにその暮らしの支援を図り、人と自然が共生し、多様な価値を認めあい、誰もが共に生きることができる社会の実現に寄与すること。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る