子ども(国内)

若者

児童養護施設

里親

暴力

貧困

家族

人権

虐待

SDGs① 貧困をなくそう

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

関東

環境や仕組み

実行・確立段階

住まいで進学をサポート!スマイリングプロジェクト

  • 寄付額

    7,000

  • 目標金額

    2,000,000

  • 寄付数

    6

    応援者

    0

  • 開始日時

    2009/12/07 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

児童養護退所者の約半数が一人暮らしを始めます。大人数での施設生活からアパートでの一人暮らしはギャップが大きく、孤独感を強めることも多いです。また、生活費のなかでも家賃の占める割合は高く、経済的に厳しくなると家賃を滞納して消息を絶ってしまうこともあります。そのような若者を経済的、精神的にサポートしたいとの思いから、シェアハウスを運営しています。

 

20193月時点で運営している「SHIP初台」、「SHIP鷺沼」は、いずれも女性専用のシェアハウスです。家賃は安価で、必要最低限の家電、家具は備え付けのため、初期費用を抑えることができます。

定員は6名で、「一般社会人」と「大学などに進学中の施設等退所者」の半々が入居しています。一般社会人には、日々一緒に暮らし、施設等退所者の学校や社会生活などのちょっとした困りごと、悩みごとを聞きながら、彼女たちが安心して生活を送れるようなサポートと、「働く女性としてのロールモデルを示す」という役割をボランティアでお願いしています。

 

また、毎月1B4Sのスタッフも加わり、入居者全員で食卓を囲んでお互いの近況や生活上の課題を話し合うハウスミーティングを開催。卒業までに緩やかに自立の準備を整えていけるよう支援しています。

 

団体情報
ブリッジフォースマイル

子どもたちがどんな環境で生まれ育っても、夢と希望を持って笑顔で暮らせる社会を目指します。
2004年から、親を頼れない子どもたちを社会全体で支えるための“架け橋”として、中学生の職場体験や、施設や里親家庭を出た若者のシェアハウス運営等、必要だと思われる支援を立ち上げてきました。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る