難民を助ける会(AAR Japan)

なんみんをたすけるかい

公式HP:https://www.aarjapan.gr.jp
財務情報:https://www.aarjapan.gr.jp/about/annualreport.html

難民を助ける会(AAR Japan)は1979年にインドシナ難民支援を目的に日本で発足し、難民や自然災害の被災者への緊急支援、障がい者支援、地雷・不発弾対策、感染症対策や衛生啓発、国内での提言・発信などを行っています。掲載プロジェクトも含め現在15ヵ国で活動しています。詳細は団体HPをぜひご覧ください。

寄付プロジェクト数

4

応援企画数

0

団体への寄付件数

22

寄付総額

2,001,936

【九州豪雨(令和2年7月豪雨) 被災者支】特に支援が届きづらい方々を支える

受付中

寄付数
9
寄付総金額
¥ 60,330

【コロナ緊急支援】国内外で感染拡大を防止し命を守る

受付中

寄付数
10
寄付総金額
¥ 40,000

東日本大震災復興支援:障がい者や高齢者などにこれからも寄り添う支援を

受付中

寄付数
1
寄付総金額
¥ 1,791,752

ミャンマー:人生を変える学校を支えてください-障がい者のための職業訓練校への支援

受付中

寄付数
2
寄付総金額
¥ 109,854
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 特定非営利活動法人・難民を助ける会(AAR Japan)
設立経緯 1979年、インドシナ難民を支援するために、 政治・思想・宗教に偏らない市民団体として、前会長の相馬雪香が設立を呼びかけました。 以来、活動地域や分野を広げながら、これまで65を超える国・地域で支援を展開。現在は15ヵ国で活動しています。
取り組んでいる社会的課題 紛争や災害などの困難に直面した人々へ、「困ったときはお互いさま」の精神で直ちに支援を届け、誰もが生命や生活を脅かされることのない社会の実現を目指しています。またこうした活動を日本を含めて世界の人々のご支援を得て実践することを通じ、誰もが世界の平和と安定に貢献する主体たり得ることを示すとともに、少数派の人々が拒絶され、弱者が取り残されないような社会の実現を目指します。
主要事業 〇緊急支援:災害や紛争が起こった際に、難民や帰還民、被災者に対し、防災や減災、レジリエンス(立ち直る力)の視点をもって、緊急支援を行います。
〇障がい者支援:障がい者のための職業訓練や生計支援、障がい児のための教育支援(インクルーシブ教育)、災害時支援などを実施しています。
〇地雷・不発弾対策:地雷や、クラスター爆弾などの不発弾の危険から身を守るための講習、被害者支援、除去支援などの対策を行っています。
〇感染症対策:安全な水の提供や衛生啓発活動を通じて、感染症対策を行っています。
〇提言・発信:訪問学習の受け入れや講演会、チャリティイベントなどを通し、世界の課題を広く伝え、国際協力に参加する人を増やすとともに、よりよい社会に向けた提言を行います。
住所 〒 1410021
東京都 品川区上大崎2-12-2 ミズホビル7F
団体電話 0354234511
代表者名 理事長、長 有紀枝
公式HP https://www.aarjapan.gr.jp
財務情報 https://www.aarjapan.gr.jp/about/annualreport.html