あきた結いネット

あきたゆいねっと

公式HP:https://akitayuinet.com/
財務情報:https://akitayuinet.com/corporate-profile/corporate-outline/

団体のミッションは「地域にある資源を最大限に活かし、無いものは創る!」である。地域にある資源とは各種制度や枠組み、これまでに築き上げられたネットワークや人との繋がりなどである。それらを最大限に活かし、組み合わせたりバランスを取ったりしてもなお地域課題が解決できない場合には、「無いものは創る」精神で新しい事業を生み出すことに取り組んでいる。
<無いものは創るの精神で出来た事業>
・秋田県初のホームレス支援事業
・入居条件に保証人不要とした障がい者グループホーム(※触法障がい者を優先的に受け入れ)
・身元保証事業(賃貸借住宅、入院、施設入所時)
・全国の障がい者施設で作られた商品を集めて販売するセレクトショップなど

寄付プロジェクト数

2

団体への寄付件数

7

寄付総額

40,910

『障がい者等へ安心住まいと孤独からの脱却を』

受付中

寄付数
3
寄付総金額
¥ 19,991

安心住まいと『働く居場所作り』まるごとプロジェクト~地域の拠点「story cat+(ストーリーキャットプラス)」~

受付中

寄付数
4
寄付総金額
¥ 20,919
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 特定非営利活動法人・あきた結いネット
設立経緯 理事⾧の坂下は法人設立前、秋田県地域生活定着支援センターの相談員として矯正施設出所者等のサポートに携わっていた。その際、秋田県にはホームレス支援団体が無い事、また緊急用シェルターも不足していることを知った。生活の立て直しには安心して生活できる住居が必要であるが、その社会資源が不足している地域では十分なサポートが行えないことを実感した。住居に困っている方たちは若者、高齢者、障がい者、身寄りのない方など様々であり、潜在的にある地域課題を解決する為、社会福祉士の仲間に声をかけ住居確保とソーシャルワークの実践を主軸とした団体を設立した。
取り組んでいる社会的課題 秋田県にはホームレス支援団体が無い事、また緊急用シェルターも不足していた。生活の立て直しには安心して生活できる住居が必要であるが、その社会資源が不足している地域では十分なサポートが行えないことを実感した。住居に困っている方たちは若者、高齢者、障がい者、身寄りのない方など様々であり、潜在的にある地域課題を解決する。
主要事業 ①住居確保事業(ホームレス支援事業)
住宅確保要配慮者居住支援法人として住まいに関しての様々な相談に対応。法務省の自立準備ホーム事業にも登録し触法者の受入れ実施。独自事業として相談支援付き住宅やシェアハウス、サブリース物件の貸し出しも行っている。
②就労支援事業
障がい者就労継続支援 B 型事業(定員20名)、就労移行支援事業(定員6名)を運営。利用者の約50%が触法障がい者。支援実績としては年間2~3名程度が一般企業に就職している。また企業と連携しチラシ折りの内職や掃除、草刈等の外作業を受注している。2021 年からは協力雇用主に登録し罪を犯した方を法人スタッフとして雇用。現在は1名雇用中、2023 年4月にもう1名採用予定。
住所 〒 0100973
秋田県秋田市八橋本町 3-20-21 第二松原荘1階
団体電話 0188748897
代表者名 理事長、坂下美渉
公式HP https://akitayuinet.com/
財務情報 https://akitayuinet.com/corporate-profile/corporate-outline/