Music Cross Aid-パブリックリソース財団事務局

みゅーじっくくろすえいどぱぶりっくりそーすざいだんじむきょく

公式HP:http://www.musiccrossaid.jp/
財務情報:http://www.public.or.jp/PRF/aboutus/report.html

ライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」は、行政発の経済支援策に頼るだけではなく、音楽業界自らが立ち上がり、前述したようなエンターテインメントを支えてきた様々な技術者や団体を大きく支援する、リアリズム溢れた待望の支援プロジェクト。音楽業界内外からの資金援助の申し出に加え、各チャリティーイベントや救済に基づく業務提携の発案などを、これまでの日本のエンターテインメント産業をまとめて来た日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会という3団体が主管し、責任と大志を持って困窮している事業者や音楽エンターテインメントスタッフに引き渡す公益民間プロジェクトです。基金に寄せていただいた貴重な力や資金は、必ずやこれからのライブエンターテインメント産業の復興、復活に役立てます。

寄付プロジェクト数

1

応援企画数

0

団体への寄付件数

1,138

寄付総額

130,616,210

Music Cross Aid -ライブエンタメ従事者支援基金-

受付中

寄付数
1,138
寄付総金額
¥ 130,616,210
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 公益財団法人・Music Cross Aid-パブリックリソース財団事務局
設立経緯 日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会の3団体がパブリックリソース財団に設置した基金です。基金の管理運営をパブリックリソース財団が担っています。
取り組んでいる社会的課題 新型コロナウイルス感染症の拡大防止を率先して務めるべく、今年の春以降の音楽業界は多くのライヴ公演の自粛を積み重ねて来ました。その効果もあってか緊急事態宣言は解除されましたが、未だ完全な形での再開の目処はライブに関しては立っていません。日本のメディアコンテンツの柱であり、特に2000年代以降、この国のカルチャーを牽引し続けて来たライブエンターテインメントは今、かつてない危機的な状況に立たされています。
主要事業 本基金に寄せられた寄付金・プロジェクト収益金を原資として、新型コロナウイルス感染症拡大防止によって活動停止を余儀なくされた日本のライブエンタテインメント文化事業の担い手である事業者(法人)や専門スタッフ(個人)に対して、今後の活動に必要な資金を助成します。
住所 〒 1040043
東京都中央区湊 2-16-25 ライオンズマンション鉄砲洲第3 202
団体電話 0355406256
代表者名 代表理事・理事長、久住 剛
公式HP http://www.musiccrossaid.jp/
財務情報 http://www.public.or.jp/PRF/aboutus/report.html