フェアスタートサポート

ふぇあすたーとさぽーと

公式HP:http://fair-start.co.jp/
財務情報:http://fair-start.co.jp/about/company

児童養護施設や定時制高校など、貧困や虐待などの様々な事情により18歳で就職自立せざるを得ない若者たちを対象に、キャリア教育や企業の紹介、アフターフォローなどの就労支援を行っています。

寄付プロジェクト数

1

応援企画数

0

団体への寄付件数

12

寄付総額

43,500

児童養護施設で暮らす子ども達にキャリア教育の機会を

受付中

寄付数
12
寄付総金額
¥ 43,500
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 特定非営利活動法人・フェアスタートサポート
設立経緯 民間企業で企業の採用支援を学生の就職支援に携わっていた代表が「若者と雇用」の課題を感じていた中、児童養護施設を退所する若者たちがワーキングプアになっている現状を知り、自身の経験を活かして彼ら彼女らの就労支援をしようと決意。
2010年頭に個人事業として活動を始め、8月に人材紹介業を行う株式会社フェアスタートを設立。その後、ボランタリーな事業をより適切に運営する為、2013年1月にNPO法人フェアスタートサポートを設立。
取り組んでいる社会的課題 児童養護施設などを退所した若者たちの最初の仕事の1年以内離職率は、50.8%に昇ります。それに加え、非正規雇用率は約50%、生活保護の受給経験がある若者の割合は約20%、月収15万円未満の若者は52.5%を占めています。(平成29年2月/東京都福祉保健局 発表「東京都における児童養護施設等退所者の実態調査報告書」より)
キャリア教育の不足や機会の不平等などにより、頼れる親や帰れる家庭を持たない若者たちが18歳で就職し自立を目指すことは大変難しく、自立後に高い確率で貧困に陥ってしまう現状があります。
主要事業 ▶キャリア教育支援事業
協力企業と連携し、児童養護施設や定時制高校の子どもたちや若者たちを対象に、就職相談、適性検査、会社見学や就労体験などを提供しています。

▶アフターフォロー事業
就労を支援した若者たちが働き始めた後に、イベントの開催や個別の相談を通じて仕事が継続できるようアフターフォローを行っています。

▶会報誌の発行
就職を支援した若者たちのインタビュー集を半年~1年に1度発行し、全国の児童養護施設や関東圏の定時制高校などに無料配布しています。良いロールモデルが少ない彼ら彼女らにとって同じ境遇から巣立ち社会で活躍する先輩の話を聞くことで将来に良いイメージや希望を持ってもらうツールとなっています。
住所 〒 2310003
神奈川県 横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター214
団体電話 0453194675
代表者名 代表理事、永岡鉄平
公式HP http://fair-start.co.jp/
財務情報 http://fair-start.co.jp/about/company