キッズドア

きっずどあ

公式HP:http://www.kidsdoor.net
財務情報:http://www.kidsdoor.net/otona/aboutus/finance.html

貧困の連鎖を解消し、生まれた環境に拘わらずすべての子ども達が夢や希望を持って成長できる社会の実現を目指して、行政、企業等と連携し、無料の学習会や居場所の運営などを行なっています。

寄付プロジェクト数

4

応援企画数

0

団体への寄付件数

18

寄付総額

1,471,836

居場所型学習支援

受付中

寄付数
8
寄付総金額
¥ 10,000

無料英語学習会[English drive]

受付中

寄付数
0
寄付総金額
¥ 0

無料高校受験対策講座「キッズドア学園中等部」

受付中

寄付数
0
寄付総金額
¥ 0

大学受験対策&高校生学習支援無料講座[キッズドア学園高等部]

受付中

寄付数
10
寄付総金額
¥ 1,461,836
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 特定非営利活動法人・キッズドア
設立経緯 「すべての子どもが夢や希望を持てる社会の実現」を目指して、日本国内の子どもの支援を行うことを目的に設立。
特に、日本では、子育てや教育の私費負担が高いために、保護者の収入が低いと、十分な教育が受けられずに子ども自身も貧困になってしまうという「貧困の連鎖」を断ち切り、どんな環境の子も生き生きと成長できる環境を作る。
企業、行政、地域、NPO、教育機関や親、そして子どもたち自身などが参加するプラットフォームを作り、協業することで、日本の子どもたちがもっと育ちやすい環境、楽しく子育てできる環境を作り、少子化の解消に寄与することを目的としている。
取り組んでいる社会的課題 ・日本は、先進国の中でも、子どもの貧困率が高く、最新の相対的貧困率は13.9%でおよそ7人に1人が貧困状況にある。これはOECD加盟34カ国中9番目に高い。また日本では特にシングルマザーの貧困率が高く、ひとり親家庭の貧困率は50.8%でOECD加盟国中1番貧困率が高い。
・日本では、子育てや教育の私費負担が多く、貧困家庭の子どもが十分な教育を受けられず学力も低くなる教育格差が起こっている。その結果、進学や就職がうまくいかず子どもの世代も貧困になる貧困の連鎖が起こっており、大きな問題になっている。
・貧困家庭の子どもに、無料の教育支援を提供することで、貧困の連鎖に陥ることなく、自立して社会に貢献する人材になる。これは子どもたち自身の幸せはもちろん、国や地域社会にとっても社会保障費の削減や生産性の向上につながる。
主要事業 生活困窮家庭の子ども向け事業
・高校受験対策無料講座「タダゼミ」
・大学受験対策&高校生学習支援無料講座「ガチゼミ」
・無料英語講座「English drive」
・無料プログラミング講座「IT drive」
・高校生世代支援「リライン」
・行政との協働事業での無料学習会運営
・企業との協働プログラム企画・運営(イベント、キャリア教育、体験ワークショップ)
・コンサルティング事業(人材育成、オリジナル教材開発)
住所 〒 1040033
東京都 中央区新川2-1-11 八重洲第一パークビル7階
団体電話 0352449990
代表者名 理事長、渡辺由美子
公式HP http://www.kidsdoor.net
財務情報 http://www.kidsdoor.net/otona/aboutus/finance.html