日本芸能実演家団体協議会

にほんげいのうじつえんかだんたいきょうぎかい

公式HP:http://www.geidankyo.or.jp/
財務情報:https://www.geidankyo.or.jp/disclosure/index.html

俳優、演奏家、舞踊家、演芸家やスタッフ等の実演芸術団体68団体を正会員とする公益法人。芸術文化の発展に寄与することを目的に1965年に設立(2012年4月に公益社団法人認定)。「実演家著作隣接権センター(CPRA)」の運営と、「芸能花伝舎」の運営、調査研究、政策提言など実演芸術の振興事業を行う。

寄付プロジェクト数

1

応援企画数

0

団体への寄付件数

3

寄付総額

1,579,720

被災地の子どもたちに、音楽・芸能を届けよう!

受付中

寄付数
3
寄付総金額
¥ 1,579,720
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 公益社団法人・日本芸能実演家団体協議会
設立経緯 俳優、演奏家、舞踊家、演芸家やスタッフ等の実演芸術団体69団体を正会員とする公益法人。芸術文化の発展に寄与することを目的に1965年に設立(2012年4月に公益社団法人認定)。「実演家著作隣接権センター(CPRA)」の運営と、「芸能花伝舎」の運営、調査研究、政策提言など実演芸術の振興事業を行う。
取り組んでいる社会的課題 多様な実演芸術の創造と享受機会の充実により心豊かな社会をつくるため、実演芸術活動の推進と実演の円滑な利用を促進するとともに、実演家の地位の向上と実演に係る著作隣接権者の権利の擁護を図り、もって我が国の文化芸術の発展に寄与することを目的とする。そのための人づくり、場づくり、しくみづくりにかかわる事業に取り組んでいます。
主要事業 実演家の著作隣接権に関わる業務を行う「実演家著作隣接権センター(CPRA)」の運営と、演劇、音楽、舞踊、演芸などの実演芸術の振興のための事業を2つの柱としています。 新宿区と文化協定を結び、廃校となった小学校を借り受け、創造交流拠点「芸能花伝舎」として運営しているほか、毎年5月5日に子どもたちが気軽に芸能に触れられるように「こども芸術体験ひろば」を開催するほか、自治体等や会員団体と協働しながら芸能の体験普及の機会や情報提供を行っています。 また、1974年以来、5年毎に実施の「実演家・スタッフの活動実態調査」をはじめ、実演芸術にかかわる調査研究などを通じて、さまざまな分野の実演家の声を集めて、実演家の地位向上、文化政策の充実をもとめる政策提言活動を行っています。当協会の働きかけで文化芸術振興基本法の制定が実現するなど、文化芸術の基盤づくりに寄与してきました。
住所 〒 1608374
東京都 新宿区西新宿6-12-30 2F 芸能花伝舎
団体電話 0359093060
代表者名 会長、野村萬
公式HP http://www.geidankyo.or.jp/
財務情報 https://www.geidankyo.or.jp/disclosure/index.html