芸術家と子どもたち

ゲイジュツカトコドモタチ

公式HP:http://www.children-art.net/
財務情報:https://www.children-art.net/about/outline/

現代アーティストと、子どもたちが出会う【場づくり】に取り組み、子どもたちが【潜在的な力を存分に発揮し伸ばす機会】、アーティストが【子どもたちと関わり、新たな表現を探る機会】とする活動を展開しています。

-

寄付プロジェクト数

2

応援企画数

0

団体への寄付件数

4

寄付総額

277,177

エイジアス(ASIAS)児童養護施設へのアーティスト派遣プロジェクト

受付中

寄付数
3
寄付総金額
¥ 267,177

エイジアス(ASIAS) 学校へのアーティスト派遣プロジェクト

受付中

寄付数
1
寄付総金額
¥ 10,000
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 特定非営利活動法人・芸術家と子どもたち
設立経緯 1999年10月から任意団体「APA芸術振興協会」の名称で活動開始、ASIAS(エイジアス)プロジェクトを構想し、学校リサーチや企業協賛金集めを開始。2000年7月、初めてのASIAS授業実施。2001年7月、「特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち」設立、NPO法人化に伴い、団体名を改名。
取り組んでいる社会的課題 私たちは、「子ども」を取り巻く以下のような社会課題を、現代アーティストならではの手法で解決していく事業を行っています。

・経済的格差、子どもの貧困、虐待、自分たちと違う他者を排除する傾向など、様々な大人社会の問題が子どもたちの社会にも少なからず影を落とすが、創造的表現や想像力を促すワークショップにより、互いの違いを認め合い、共生するコミュニティ形成の基盤をつくります。

・諸外国と比べても、“自分を好きになれない”“自分に自信が持てない”子どもたちが多い日本。子どもたちの低い自己肯定感を、小さな成功体験を積み重ねるワークショップで改善します。

・インターネットやデジタルゲームなどの普及により、子どもたちが自然の中で身体を動かして遊ぶ機会が減り、身体感覚を伴った他者との関わり合いが減るなかで、微妙な身体感覚や他者の感覚との違いに気づくようなワークにより、子どもたちの身体性を回復します。
主要事業 私たちは主に3つの活動に取り組んでいます。 1.ASIAS(=Artist’s Studio In A School:エイジアス)は、プロの現代アーティストが小・中学校や保育園、幼稚園、児童養護施設などへ出かけていって、先生と協力しながらワークショップ型の授業等を実施する活動です。 2.ぞうしがや こどもステーションは、子どもや親子を中心にした地域の人々がアートを通して交流する場をつくっています。 3.パフォーマンス・キッズトーキョー(PKT) は、ダンスや演劇、音楽などの分野のプロの現代アーティストを都内の学校やホールなどへ派遣。ワークショップを重ねながら、子どもたちが主役のオリジナル舞台作品を創作し、発表公演を行う活動です。
住所 〒 171-0031
東京都 豊島区目白5丁目24-12 旧真和中学校4階
団体電話 03-5906-5705
代表者名 理事長、堤 康彦
公式HP http://www.children-art.net/
財務情報 https://www.children-art.net/about/outline/