子ども(海外)

女性

人道支援

緊急支援

国際協力

SDGs① 貧困をなくそう

SDGs② 飢餓をゼロに

SDGs③ すべての人に健康と福祉を

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

SDGs⑯ 平和と公正をすべての人に

SDGs⑰ パートナーシップで目標を達成しよう

ヨーロッパ

特定の人々

広く浅く、多くの人に直接効果を与える

問題の悪化を防ぐ

問題を人々に認識してもらう

実行・確立段階

紛争・難民

こども

環境

人権

【ウクライナ危機】 子ども・女性を含む避難民へ 食糧・日用品・安全な移動を

  • 寄付額

    153,837

  • 寄付数

    17

    応援者

    0

  • 開始日時

    2022/03/22 11:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

【プロジェクトの概要】

2022年2月24日以降、ロシアによる軍事侵攻が続く中、推定170万人もの人がウクライナから隣国のポーランドなどに避難しました(UNHCR、3月7日時点)。

今後、避難民がさらに増え、厳しい寒さの中で食料や毛布などの緊急支援物資やさまざまな支援が必要となることが予想されます。グッドネーバーズはウクライナへの緊急支援を決定し、3月3日スタッフを隣国ルーマニアへ派遣しました。

調査のためルーマニアに出発したグッドネーバーズのスタッフ(3月3日)

調査のためルーマニアに出発したグッドネーバーズのスタッフ(3月3日)


【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】

現在も子どもを含むウクライナの一般市民の命が重大な危機にさらされています。

また、隣国などに避難した避難民の多くが最低限保障されるべき教育・医療へのアクセス制限や食糧不足に苦しんでおり、早急な人道支援が必要となっています(UN HCR 3月7日時点)。


【解決する方法】

3月3日に隣国ルーマニアへ派遣されたグッドネーバーズの調査チームは、パートナーである現地NGO(Bucur de Viata)や避難所、現地政府や現地大学とのミーティングを行い、上記のほかPTSD(心のケア事業)や子どもにやさしい空間(チャイルド・フレンドリースペース)設置等、多岐にわたる緊急支援計画を立てています。

まずは第一弾として3月10日に隣国ルーマニア東部から出荷した2000世帯(約10,000人)分の食料が、12~14日の間にウクライナ側の国境の町Reniに、順次到着しました。緊急支援の食料は、小麦粉、パスタ、トウモロコシ、砂糖、クッキングオイルなど、1世帯当たり2週間分の内容が含まれています。

ウクライナへ出荷された支援物資の一部。旗には、”Emergency Response for Ukraine”と書かれている

ウクライナへ出荷された支援物資の一部。旗には、”Emergency Response for Ukraine”と書かれている。


【グッドネーバーズからのメッセージ】

ウクライナではいまだに治安や支援を届けるためのインフラと物流アクセスの確保が大きな課題となっていますが、現地の子どもたちが一刻も早く安心して暮らせるように、支援を継続してまいります。

支援を必要としているすべての女性や子どもたちのため、どうか、緊急支援募金にご協力をお願いします。

団体情報
グッドネーバーズ・ジャパン

世界が抱える様々な課題に多角的に取り組むことで、途上国の子ども達の環境を改善し、
彼らが貧困の連鎖から抜け出すことができるよう支援しています。
国内では、ひとり親家庭のフードバンク「グッドごはん」を通して子どもの健やかな成長を支えています。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る