子ども(国内)

女性

在日外国人

アレルギー患者

シングルマザー

貧困

仕事

家族

緊急支援

SDGs① 貧困をなくそう

日本全国

特定の人々

新型コロナ禍 アレルギー用粉ミルク配布のためご支援をお願いいたします!

  • 寄付額

    30,000

  • 寄付数

    5

    応援者

    0

  • 開始日時

    2021/01/20 00:00

    終了日時

    期限なし

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

             

【プロジェクトの概要】

新型コロナ禍の終息が見込めない中で、経済的に苦しい世帯が増えている状況を受け、認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークは

 1.新型コロナ禍で世帯収入が下がった

 2.新型コロナ禍で家族内に失業者がいる家庭

 3.ひとり親家庭

 4.その他(1~3に当てはまらない経済的理由のある家庭)

上記のいずれかに該当するご家庭に、アレルギー用粉ミルクを無償で提供する事業を開始しました。

いくつかの助成をやりくりし、できるだけ多くの「必要とする人」にアレルギー用粉ミルクを届けたいと活動してましたが、

応募者多数の為届けられなかった家庭、まだまだ必要としている家庭がたくさんあります。

今後も継続して必要としている方へお届けできるよう、ご支援をお願いいたします!

 【今回のコロナ禍に際して、当団体に寄せられたみなさまの声】

・職場の「3密」を避けるために、パートの出勤日数を減らすことになった。週5日勤務が3日になり、残業もなくなったので収入は大幅に減った。緊急事態宣言が解除された後もその状況は変わっていないので経済的にはとても苦しい。

・夫は留学生で帰国したタイミングで緊急事態宣言が出された。夫の国では出国が制限されていて、もう半年戻って来れない状態。夫は学生だがインターンである程度の収入を得ていた。それが途絶えてしまった。自分は産休中で収入が以前の7割になっているのでとても苦しい。職場は蜜を避ける目的でローテーションで出社し、出社しない人はテレワークになると聞いたが自分のテレワークの環境が整っていないため、会社からは復帰時期を後ろ倒しするように言われている。見通しが立たない。

・夫とは別居中で、厳密にいうとシングルマザーではないけれど実態はそうなっている。親族がこの状況に腹を立てていて相談に乗ってくれない。私は対象にはならないと思ったけれど電話しました。審査とかあるんですよね。 

できるだけ多くの「必要とする人」にアレルギー用粉ミルクを届けたいと思っています

必要としている支援が受けられない子どもたちが、まだまだたくさんいます。

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークは、アトピー・アレルギー性疾患がある患者とその家族を支援し、人と自然が共生し多様な価値を認め合い、誰もが共に生きることができる社会をつくりたいと考えています。

どうかご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 【問い合わせ先】

認定NPO 法人アトピッ子地球の子ネットワーク

tel.03-5948-7891 fax.03-5291-1392

info@atopicco.org          

団体情報
アトピッ子地球の子ネットワーク

広く一般市民を対象とし、中でもアトピー・アレルギー性疾患をもつ患者とその家族を対象とした各種事業をとおして、患者らがその疾患ゆえに被る様々な不都合、差別、被害を解決するためにその暮らしの支援を図り、人と自然が共生し、多様な価値を認めあい、誰もが共に生きることができる社会の実現に寄与すること。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る