シングルマザー

仕事

人権

人道支援

SDGs⑧ 働きがいも経済成長も

SDGs⑩ 人や国の不平等をなくそう

SDGs⑯ 平和と公正をすべての人に

関東

環境や仕組み

拠点や組織

社会的排除の解消

事業・サービス・政策等のイノベーション

問題を人々に認識してもらう

実行・確立段階

夜の仕事に携わるシングルマザーのためのセカンドキャリア支援事業

  • 寄付額

    9,000

  • 目標金額

    600,000

  • 寄付数

    3

    応援者

    0

  • 開始日時

    2020/07/01 00:00

    終了日時

    2021/06/30 23:30

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

【プロジェクトの概要】

本事業は、経済的に困難な状況に陥りやすく社会的にも孤立しやすい夜の仕事に携わるシングルマザーのセカンドキャリア形成をサポートします。

セカンドキャリア支援を通して、当事者の社会からの孤立を防ぎ、母子の安全な生活を目指します。

また、働くことの意義を学ぶ機会を提供することで、正規雇用に就くことへのモチベーションも喚起します。
【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】

シングルマザーの所得は相対的に低く、経済的理由から夜の仕事をはじめるシングルマザーの方も少なくありません。

しかし夜の仕事に携わる女性(キャスト)の毎月の収入は安定しておらず、子供を含めリスクを冒しているにも拘わらず経済的困難な状況に陥っている方も多くいるのが現状です。また加齢とともに心身の限界を感じ、収入も減少するため、長く続けられる仕事ではありません。

そういった状況から昼間の仕事への転職といったセカンドキャリアの構築を希望する当事者は少なくありません。しかしその多くの方が周囲へ自身の立場を明かせないことや就労スキル不足が壁となり、相談相手や行政など然るべき機関とつながることができず、必要な支援を受けにくい状況にいます。。

結果、然るべき支援を受けられず、社会から孤立していきます。またシングルマザーのキャストは育児に関することで悩みを抱えていても、立場を明かせないことでまわりに相談できず、ひとりで抱え込んでしまい、最悪の場合子供への虐待等につながるケースもあります。専門機関と連携をとってセカンドキャリア以外の面でのケアも同時にしていくことが重要であると考えます。
【解決する方法】

相談会を実施し、収支、勤務先の状況、学歴や職歴スキル等の分析を行い、今後についての計画を一緒に考える。福祉や行政の支援が必要な方は連携団体につなぐ。

転職事前研修:転職活動を始める前に、全6回のキャリアカウンセラーによるビジネスマナー研修を受講してもらう。

就労体験:連携している企業等で有給の就労体験機会を提供。社会人として必要なスキルの習得を目指す。

転職活動:求人応募書類等のアドバイスや模擬面接等転職活動のサポートを行い、正規雇用での採用を目指す。

交流会の開催:転職活動中や実際に転職したあとの悩み等事等を共有することで、モチベーションアップにつながり、孤立感を防ぐ。
【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
【どんな状況にいても孤立せず、望めば次にいける。】そんな社会の実現を目指して、皆さまの温かいご支援をお待ちしております。
【寄付によって達成できること】

3,000円あれば相談者が無料相談を1回受けることができます。

5,000円あれば転職を希望する相談者がキャリアカウンセラーによる研修を1回受けることができます。

10,000円あれば転職を希望する相談者や法的トラブルを抱えた相談者が、キャリアカウンセラーや弁護士との個別面談を2回受けることができます。

30,000円あれば相談者同士の交流会が1回開催できます。

団体情報
GrowAsPeople

性風俗や水商売といった「夜の仕事」に携わる女性のセカンドキャリア形成を支援する団体です。夜の仕事を否定せず段階的に昼の仕事に移行できるプログラムを提供しています。国内初の性風俗の仕事に携わる女性のデータに特化した白書の発行等、社会への情報発信にも積極的に取り組んでいます。

団体にメールで問い合わせる
団体にメッセージを送る