石西礁湖サンゴ礁基金

せきせいしょうこさんごしょうききん

公式HP:http://www.strata.jp/sangokikin/
財務情報:http://www.strata.jp/sangokikin/about.html

石西礁湖サンゴ礁基金は、危機に瀕している八重山地方のサンゴ礁を救い、豊かなサンゴ礁を再生するため、「石西礁湖自然再生協議会」の基金として、他のメンバーと協力して活動しています。

寄付プロジェクト数

5

応援企画数

0

団体への寄付件数

24

寄付総額

81,010

サンゴ礁再生につなげる環境教育プロジェクト

受付中

寄付数
7
寄付総金額
¥ 25,000

サンゴの白化情報発信プロジェクト

受付中

寄付数
6
寄付総金額
¥ 15,000

日本最大のサンゴ礁を救う赤土流出防止プロジェクト

受付中

寄付数
6
寄付総金額
¥ 10,000

サンゴ礁再生に向けた赤土流出防止プロジェクト

受付中

寄付数
0
寄付総金額
¥ 0

サンゴを食い荒らすオニヒトデ駆除プロジェクト

受付中

寄付数
5
寄付総金額
¥ 31,010
表示するデータが見つかりませんでした。
団体名 特定非営利活動法人・石西礁湖サンゴ礁基金
設立経緯 石西礁湖は、沖縄県石垣島と西表島の間に広がる日本で最大のサンゴ礁海域です。このサンゴ礁が、赤土流出や水質悪化、オニヒトデの大量発生による食害、高水温による白化などの影響によって衰退し、危機に瀕しています。
石西礁湖サンゴ礁基金は、当初、石西礁湖の再生を目的に設立された石西礁湖自然再生協議会の中に設けられました。
活動を拡大するため、2013年5月NPO法人となり、多くの方に寄付を募り、他の協議会メンバーと協力してサンゴ礁再生を目指す取り組みを行っています。
取り組んでいる社会的課題 石西礁湖のサンゴ礁は多くの生物を育み、昔から漁業者や住民に、豊かな海の恵みをもたらしてきました。近年は、ダイビングやグラスボートなどのレクリエーションの場としての利用も盛んとなり、重要な観光資源として地域経済を支えています。
また、サンゴ礁は自然の防波堤の役割を果たし、人々を災害から守ってきました。さらに、生物と身近にふれあえる豊かなサンゴ礁は、環境教育の場としての活用が期待されています。
こうしたサンゴ礁が、様々な要因で衰退していることに対し、豊かで美しいサンゴ礁を再生して、住民、観光客等すべての人の手に取り戻すことが課題となっています。
主要事業 これまでに、
・農地からの赤土流出防止に取り組む農家の支援
・ダイビング業の団体と協力してのオニヒトデ駆除
・将来のサンゴ礁保全・再生活動の担い手を育てる環境教育
等の取り組みを行ってきました。
このほか、現在、サンゴ礁保全再生につながる活動や製品を認定し、その普及・拡大を目指す「サンゴ認定制度(仮称)」構築に向けての調査研究を行っています。
住所 〒 9070023
沖縄県 沖縄県石垣市字石垣221
団体電話 0980870935
代表者名 理事長、入嵩西 正治
公式HP http://www.strata.jp/sangokikin/
財務情報 http://www.strata.jp/sangokikin/about.html