【活動報告】今年も皆さんと一緒にさまざまな活動に取り組みました

Jenny Jacklin Stratton | ©Fearless Collective/Amnesty International

 

世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るった2020年。アムネスティの活動もこの非常事態への対応を余儀なくされ、また、コロナ危機に関連した新たな人権侵害にも対応を迫られました。一方で、人権の重要性が再確認された年でもありました。

 

こうした中、アムネスティ日本は、今年も皆さまと一緒に、さまざまな人権擁護の活動に取り組みました。

 

◆ 人権活動家を守ろう!「BRAVE」キャンペーン

 

人権を守るために声を上げる人たちは、その活動をよく思わない政府などからさまざまな迫害を受けており、中には不当に拘束されている人も多くいます。

今年は特に「女性人権活動家」と「デジタル監視」に焦点を当て、署名活動やSNSキャンペーンを行いました。また10月にはオンラインイベント「日常生活に入り込むデジタル監視」を開催しました。

 

「BRAVE」キャンペーンを見る ≫ https://www.amnesty.or.jp/campaign/brave/

 

 

◆ 「新型コロナウイルスから医療・介護従事者を守ろう!」キャンペーン

 

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療従事者の業務負担は増大し、医療従事者に対する差別・偏見が深刻な問題となっています。アムネスティは、医療従事者を守るキャンペーンを世界中で行い、日本では署名活動を中心に取り組みました。

12月、厚生労働大臣政務官と意見交換を行い、集まった署名1,635筆と医療・介護従事者の人権保護を求める要請書を提出しました。

 

活動報告:厚生労働大臣政務官と意見交換および要請書と署名を提出 ≫ https://www.amnesty.or.jp/hrc/2020/1214_9041.html

 

 

LGBTの人たちへの差別をなくそう!「Love Beyond Genders」キャンペーン

今年はオンライン上での意識啓発を中心に取り組みました。特に、「世界のLGBTブログ」を新たに立ち上げ、一般のメディアではあまり取り上げられない世界のLGBTの最新情報を定期的に配信しました。また、LGBT差別禁止法の実現を求めるオンライン署名を開始しました。

 

「Love Beyond Genders」を見る ≫ https://www.amnesty.or.jp/lp/lbg/

 

 

◆ 外国人の長期収容に終止符を!

日本の入管収容は国連からも再三にわたり問題を指摘されています。今年1月、外国人の長期収容に歯止めをかける署名「外国人の長期収容に終止符を!」を開始し、オンラインとオフラインを合わせ17,571筆の署名が集まりました。
12月、要請書および署名を日本政府へ提出し、出入国在留管理庁の佐々木長官との意見交換を行いました。

 

活動報告:要請書および署名17,571筆を日本政府へ提出 ≫ https://www.amnesty.or.jp/hrc/2020/1215_9043.html

 

 

◆ 緊急対応

コロナ危機に加え、今年は権力による弾圧や暴力、それに対する抗議行動が世界を席巻した年でもありました。アムネスティ日本では特に、香港の国家安全法導入反対する署名活動や、米国警察の人種差別・暴力をなくすための署名活動に取り組みました。
香港の国家安全法の導入に反対する署名には世界中から116,344筆の署名が集まり、6月、世界中で一斉に中国大使館へ要請書とともに提出しました。また、外務省と緊急の意見交換会を行い、国際人権基準から見た3つの懸念点を伝えました。

 

活動報告:香港「国家安全法導入」を阻止する!外務省と意見交換を実施 ≫ https://www.amnesty.or.jp/hrc/2020/0720_8857.html

米国ジョージ・フロイドさんの正義を求める署名、世界中から集まった100万筆を提出 ≫ https://www.amnesty.or.jp/hrc/2020/1015_8961.html

 

 

来年も、すべての人たちの自由と尊厳が守られる世界の実現に向かって前進すべく、一層励んでまいります。

引き続き温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。