1 - 5 / 5
1   1 / 1ページ
1 - 5 / 5
 1 / 1ページ

活動レポート一覧

公開

緊急救援活動として、貧困世帯への食料配布や現金給付の支援を実施しました。ご支援いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。

この度は、バングラデシュ、ネパールで取り残された人々への緊急救援活動にご支援いただき、誠にありがとうございました。予定していた緊急救援活動について、概ね実施の目途が立ちましたため、緊急救援募金の募集を終了いたします。現地での支援活動詳細は以下の通りです。   ◆バングラデシュ スラムに住む家事使用人として働く少女の世帯へ食糧配布 ダッカ市内のスラムに住み、弊団体の運営するセンターに通う家事使用人の少女たち101世帯を対象に、2つの地域で食料配布支援を実施しました。1世帯当たりお米約1,000kg、レンズマメ約200kg、砂糖約100kg、石鹸約200個など、両地域合わせて約100名の子...

作成日時:2020/09/03 23:48

 更新日時:2020/09/03 23:48


公開

5月23 日更新の現地の状況

ネパールの状況について(5/22時点) <国内の様子> ネパール国内の新型コロナウイルスの感染者はこの数週間で日に日に増え、現時点で 457名 となっています。5月16日には国内初の死者も確認されました。元々、南の平野部での感染者報告がほとんどだったところ、12日には 首都カトマンズ盆地内でも新規感染者 が見つかりました。その報道後、人々のコロナウイルスに対する警戒心はさらに高まり、カトマンズ盆地内では地域住民らによって自主的封鎖(外部からの立ち入りを禁止にする)されている集落も見受けらるとのことです。 3月24日に始まった 外出禁止措置(ロックダウン)は、数度の延長を経て、現...

作成日時:2020/05/26 13:44

 更新日時:2020/05/27 09:52


公開

5月22日時点の現状・緊急支援活動状況について

  【バングラデシュ】 感染者数が25,000名を超え、死者数も340名(2020年5月20日時点)に上っており、感染が現在拡大しています。 活動パートナー団体であるJJS、Phulki、PAPRI、GBKの4団体を通じて 498世帯への食糧配布、現金給付、340名への学用品提供支援 を実施します。 また、バングラデシュでは、過去数十年で最大規模といわれている 大型サイクロン・アムファンがバングラデシュを直撃 し、各地で甚大な被害が出ており、新型コロナウイルス感染が拡大する中、他者との距離を取る制限がより救助活動を難しくしていると現地メディアが伝えています。 サイクロン被害が...

作成日時:2020/05/26 12:00

 更新日時:2020/05/27 09:48


公開

5月2日時点でのシャプラニールの活動状況について

シャプラニール全職員は、引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策として在宅勤務で、現地パートナー団体と日々の事業をなんとか進めています。 活動地のバングラデシュ、ネパールでは政府からの要請で外出禁止令の発令により、厳しい状況に置かれる人々が多くいるのが現状です。 そんな中、シャプラニールでは現地パートナー団体の緊急救援活動の支援も同時に実施しています。 【貧困世帯への食料支援】 (前回の更新) 洪水防災事業を実施している地域において、貧困世帯への物資配布を行いました。この事業は現地パートナー団体RRNを通じ、地方自治体管理下で警察、赤十字が指導して行われているもので、シャプラ...

作成日時:2020/05/26 11:39

 更新日時:2020/05/27 09:46


公開

4月18日時点での緊急救援支援活動実施の報告

  【貧困世帯への食料支援】 ネパールでは3月24日より、食料品の買い出しと医療サービスを受ける以外の外出禁止令(ロックダウン)が発出され、日雇い労働者や野菜農家は職を失うリスクにさらされ、貧困世帯が困窮しています。 シャプラニールは、現地パートナー団体RRNと洪水防災事業を実施している地域において、地方自治体の管理下で警察、赤十字が指導して行っている物資配布へ資金支援を行いました。 4月14日時点で、第一回目の食料配布が完了 しています。   【コミュニティラジオを通じた適切な情報発信】 AMARC(World Association of Community Radio B...

作成日時:2020/05/26 11:22

 更新日時:2020/05/27 09:45


1 - 5 / 5
1   1 / 1ページ
1 - 5 / 5
 1 / 1ページ

プロジェクト詳細に戻る