毎年11月は児童虐待防止月間です。 

児童虐待は私たちの身の回りで起きているかもしれない問題の一つです。  

法律で児童虐待についての明確化が行われ、しつけと称した体罰などが禁止され、子どもを守るための法整備や取り組みが行われています。 

  

しかし、児童虐待の相談対応件数は増え続ける一方です。  

特にコロナ禍では、親子が家にいる時間が長かったり、家庭の収入が減るなど、保護者の過度なストレスにより児童虐待のリスクが高まっているとも言われています。 

 

虐待が発生しないように予防することが大事であり、少しでも早く見つけるためには周りの人々の協力も必要です。 

社会全体で未来ある子ども達を守っていかなければなりません。 

  

ここで子どもたちを守り、支えている活動をしている団体をご紹介します。  

皆様のあたたかいご支援をどうかよろしくお願いいたします。 

  • すべての子どもに愛ある家庭を

    団体:SOS子どもの村JAPAN

    寄付額

    4,073,349

    7%

    期限なし

  • 虐待等により戻る家庭を持たない子どもたちの自立を...

    団体:子どもシェルターモモ

    寄付額

    3,294,745

    0%

    期限なし

  • 親子に『灯台』を!~虐待再発防止プログラム~

    団体:チャイルド・リソース・センター

    寄付額

    1,325,000

    43%

    期限なし

  • 「今日帰る場所がない」という子どもたちに居場所を...

    団体:子どもセンターぽると

    寄付額

    562,895

    3%

    期限なし

  • 子どもたちと考える虐待予防~学校授業参加の取組み

    団体:児童虐待防止協会

    寄付額

    336,000

    0%

    期限なし

  • ささえつづけたい~虐待を防ぐために~

    団体:チャイルド・リソース・センター

    寄付額

    276,500

    96%

    期限なし

  • 児童虐待防止のための子育て支援・虐待相談事業

    団体:子どもの虐待防止ネットワーク・あいち(CAPNA...

    寄付額

    181,929

    0%

    期限なし

もっと見る

最新活動レポート

もっと見る