コロナ禍に加え、2月下旬にロシアがウクライナ侵攻を開始以後、物価上昇が広まっています。光熱費はじめ生活のあらゆる面での相次ぐ値上げに加えこの物価高騰が、経済的に苦しいひとり親家庭の家計を一層圧迫しています。食費に手を回せない家庭が増えているのです。

食に困難を抱える人々を支援するため、全国各地で活動しているフードバンク団体があります。企業や個人の方々から寄贈された、まだ賞味期限はあるけれど様々な理由により捨ててしまう食品を、支援を必要とする人達に配布する活動を行っています。 

各地のフードバンクでは利用者の増加が目立つ一方、物価高騰や円安、社会不安の影響から、企業と個人からの寄付が大きく減り、各団体は焦りを募らせ支援を呼びかけています。

 

今こそ皆様のあたたかいご寄付によるご支援をどうかよろしくお願いいたします。

  • 余った食品を預かって、必要とする人達に届け、命を...

    団体:フードバンク関西

    寄付額

    6,812,426

    0%

    期限なし

  • 貧困世帯に食料を、乳幼児にミルクとオムツを届けた...

    団体:認定NPO法人フードバンク山梨

    寄付額

    4,749,832

    594%

    期限なし

  • フードバンク活動 食糧支援 こども食堂でのパント...

    団体:秋田たすけあいネットあゆむ

    寄付額

    191,000

    0%

    期限なし

  • おすそわけで、助け合い。生活に困窮する子どもたち...

    団体:おてらおやつクラブ

    寄付額

    36,000

    0%

    期限なし

  • ご家庭で余っている食品を”お福わけ”することで、...

    団体:やまがた福わたし

    寄付額

    21,000

    0%

    期限なし

もっと見る

最新活動レポート

もっと見る